ブログ

ブログ

歯並びの悪さは自分で治せる?デメリットと歯列矯正の費用を抑える方法

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

歯並びが気になって、自分で治せたらいいのにと思ったことはありませんか?

 

一部の歯並びが良くない場合、指で押したりしてセルフケアで治せるという話を聞いたことがあるかもしれません。

 

しかし、本当にセルフケアで出っ歯を治すことは可能なのでしょうか?

また、歯並びの悪さを矯正する場合、どのような治療法があるのでしょうか?

 

今回は、歯並びの治し方と矯正方法についてご紹介します。

 

ウィ・スマイルでは、LINEで無料相談を行っております。ぜひお気軽にご相談ください。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

1.歯並びの悪さは自分で治せないと言われる理由

悪い歯並びを治す5つのメリット

歯の矯正は、矯正装置を使用して力をかける方法が一般的です。

この治療を矯正装置の代わりに指などを使って自分で行うことは可能でしょうか。

 

理論上、長時間歯を後ろに押し続ければ歯を移動させることはできます。

しかし、十材にはセルフケアでの矯正は困難といえるでしょう。

 

理由は以下のとおりです。

1-1.適切な力を加えられないため

歯科矯正は専門的な知識と技術が必要であり、自己流で行うと必要な力の加減がわからず、かえって歯や歯周組織に損傷を与える可能性があります。

 

歯を動かすためには、正確な方向と適切な強さで力を持続的に加える必要がありますが、これを個人が適切に行うのは非常に難しいです。

1-2.少し押すだけでは歯は動かないため

少し押すだけでは歯は動きません。

歯の位置を変えるには、持続的かつ適切な力が必要です。

 

これは数ヶ月から数年にわたる長期間の治療が必要となり、専門的な矯正装置や定期的な調整が欠かせません。

 

自己流で短期間に歯を動かそうとすると、逆に歯根や骨に悪影響を及ぼす危険性があります。

\自分にぴったりのプランを見つける/

2.歯並びの悪さを自力で治す際のデメリット

八重歯を放置するとどうなるの?

インターネット上では、歯並びを自力で治す方法が紹介されていることがあります。

しかし、これらの方法は大きなリスクを伴うため、おすすめできません。

 

歯並びを自力で治そうとする際の具体的なリスクは以下のとおりです。

2-1.歯並びが悪化する可能性がある

自己流の方法で歯並びを矯正しようとすると、歯並びがかえって悪化する可能性があります。

 

専門家の監督なしに行うと、正確な力の加減や方向を見極めることができないため、意図しない方向に歯が移動してしまうことがあります。

 

例えば、1本の歯を押して矯正しようとしても、隣の歯に影響を与えるなど、結果的に噛み合わせが悪くなることで全体の歯列が乱れてしまうことがあります。

このような状況は、最終的に専門の矯正治療が必要となり、治療期間や費用が増加する原因にもなります。

2-2.歯の寿命を縮めるおそれがある

自己流での矯正は、歯や歯肉に過度な負担をかける可能性があります。

 

矯正治療では、適切な力を持続的にかけることが重要ですが、歯科医師以外が行うと力加減が不適切になりがちです。

 

例えば、強すぎる力で歯を動かそうとすると、歯根にダメージを与えて吸収が始まってしまうこともあります。

 

また、歯肉を傷つけるリスクもあります。

これにより、歯の寿命が縮んでしまう可能性があります。

 

歯や歯肉の健康を守って矯正治療を行うためには、専門的な知識と技術が必要であり、適切な治療計画に基づいて矯正を行うことが重要です。

2-3.顎関節症などの不調の原因につながる

不適切な矯正方法は、顎関節に負担をかけることがあります。

 

歯並びを自力で治そうとする際に、誤った力を加えると、顎の関節に異常なストレスがかかり、顎関節症を引き起こすリスクがあります。

 

顎関節症は、顎の痛みや口の開閉がスムーズにできない、さらには頭痛や耳鳴りなど、さまざまな症状を引き起こす可能性があります。

2-4.歯が抜けるリスクがある

自己流の矯正で最も深刻なリスクの1つは、歯が抜けてしまうことです。

 

誤った力のかけ方や不適切な方法で歯を動かそうとすると、歯根や周囲の骨に重大なダメージを与える可能性があります。

 

特に、長期間にわたって不適切な力が加わると、歯を支える骨が吸収してしまい、歯が抜け落ちる原因となります。

このようなリスクを避けるためにも、専門の歯科医による適切な診断と治療が不可欠です。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

3.歯並びを治す歯列矯正はただ歯を押している訳ではない

歯科医院で行う歯列矯正はただ歯を押している訳ではありません。

 

専門的な知識を持った医師が、患者様のなりたい理想の歯並びにできるように精密な検査シミュレーションを元に施術を行います。

 

患者様によっては単純に歯並びが悪い訳ではなく、顎の骨の問題や歯の生え方などさまざまな要因が絡んでいるからです。

 

そうした患者様の状態をチェックし、適切な歯列矯正を提案しています。さらに歯を動かす際に、骨やほかの歯にダメージを残さないように細心の注意を払って施術しております。

このように、医学的な知識と経験を持った医師が歯列矯正を行うから、歯並びや噛み合わせを改善できるのです。

\自分にぴったりのプランを見つける/

4.歯並びを悪化させないための方法

大人の歯列矯正にかかる値段は?前歯を削る費用や医療費控除について解説

歯並びが悪くなる原因にはさまざまなものがありますが、それを防ぐためには日常生活の中でいくつかの習慣を見直すことが重要です。

 

歯並びを悪化させないための具体的な方法は以下のとおりです。

4-1.舌癖を直す

舌で前歯を内側から押す舌癖」は歯並びの代表的な原因の1つです。

 

食べ物を飲み込む際に、無意識的に舌で前歯を押してしまう人が多いです。

 

これを毎日繰り返すことで出っ歯は悪化してしまうため、早めに癖を直す必要があります。

 

また、出っ歯を治療したとしても、舌癖が残っていると治療後も出っ歯へ「後戻り」してしまう可能性があるため、早めに直した方がいいでしょう。

4-2.爪の噛み癖の改善

爪を噛む癖がある方も、改善が必要です。

 

固い爪を噛み続けると少しずつ歯が動いてしまい、出っ歯になる可能性があります。

 

不衛生な上、歯並びの悪化を防ぐためにも、早めに直して損はありません。

4-3.指しゃぶりの早めの卒業

指しゃぶりは出っ歯だけでなく、歯列全体や噛み合わせにも悪影響があると言われています。

 

指しゃぶりの期間が長くなるほど、口内や顎の成長・発育への影響が大きくなるからです。

 

永久歯への生え代わり時期の頃まで指しゃぶりが残っていると、影響を及ぼす可能性が高いため、4~5歳までに指しゃぶりを卒業することが理想です。

4-4.呼吸方法の改善

呼吸方法が歯並びに影響を与えることがあります。

 

特に口呼吸は、歯並びを悪化させる大きな要因です。

 

口呼吸をすると、舌が上顎に適切に位置しないため、歯列が乱れやすくなります。

また、口が開いている状態が長く続くと、上下の歯に頬粘膜から適切な圧力がかからず、歯並びが崩れることがあります。

 

これを防ぐためには、鼻呼吸を意識的に行うことが重要です。

鼻呼吸を行うと、舌が自然に上顎に位置し、歯列が安定しやすくなります。

 

また、日常的に鼻が詰まる場合は、耳鼻科での診察を受け、適切な治療を受けることが望ましいです。

4-5.歯ぎしりや食いしばりの改善

歯ぎしり食いしばりも歯並びを悪化させる原因となります。

これらの習慣は、歯に過剰な力をかけ、歯の位置を動かしてしまうことがあります。

 

特に、夜間の歯ぎしりは無意識に行われるため、気付きにくい問題です。

 

歯ぎしりや食いしばりを改善するためには、ストレスを軽減する方法を見つけることが重要です。

リラックスするための方法として、深呼吸、適度な運動などが効果的です。

 

また、必要に応じて歯科医院に相談し、ナイトガード(マウスピース)の使用を検討しても良いでしょう。

ナイトガードは、歯と歯の間のクッションとなり、歯ぎしりのダメージを軽減する役割を果たします。

 

4-6.頬杖をつく癖の改善

頬杖をつく癖も歯並びに悪影響を及ぼします。

 

頬杖をつくと、特定の歯に一方向の力がかかり、歯が押し出されたり、歯列が歪んだりすることがあります。

このような癖は無意識に行われることが多いため、まずは自分の習慣を意識することが重要です。

 

頬杖をつく代わりに、椅子に深く座り、背もたれに寄りかかることで姿勢を正すことができます。

 

また、デスクワーク中に頻繁に立ち上がってストレッチを行うことで、姿勢の崩れを防ぎ、頬杖をつく機会を減らすことができます。

\自分にぴったりのプランを見つける/

5.歯並びの治療方法

部分矯正のメリット3選

歯並びの治療法は、抜歯後に矯正する方法抜歯せずに治療する方法に大別できます。

 

抜歯する場合、前歯と奥歯の間にある小臼歯を抜く場合が多いです。

抜歯してできたスペースを利用して、矯正装置を使い前歯を奥に移動させます。

 

非抜歯での矯正は前歯だけでなく、歯列全体を矯正して本来の位置に移動させて治療します。

抜歯よりも時間がかかる傾向がありますが、健康な歯を抜くことなく治療できるのは魅力的です。

 

非抜歯はマウスピース矯正の技術向上とともに進化しつつあるため、矯正期間を短く済ませられる傾向にあります。

 

歯列矯正と言えば、従来からあるワイヤー矯正が有名です。

歯の表面や裏側にブラケットと呼ばれる矯正装置を付け、そこにワイヤーを通し、歯に適度な力をかけて移動させる方法です。

 

しかし最近ではその他の矯正方法でも出っ歯は治療できます。

 

具体的に矯正方法にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

5-1.マウスピース矯正

八重歯の矯正治療の種類

マウスピース矯正は、取り外し可能なマウスピース型矯正装置を装着して歯並びを矯正する方法のことです。

 

2週間に1度程度のペースでマウスピースを取り替え、少しずつ歯を移動させます。

出っ歯のように部分的に矯正する際にも利用されることが多い治療法です。

 

マウスピースは取り外しができると言っても、矯正中は1日に20時間以上、マウスピースを装着する必要があります。

取り外している間は矯正効果がないので注意しましょう。

 

マウスピースは樹脂製で、透明なので目立ちにくいのがメリットです。

矯正していることを周りから気付かれたくないという方におすすめします。

また、痛みも少ない治療方法です。

 

しかし、出っ歯だけでなく、デコボコした歯並び(叢生)など他の複雑な歯並びも一緒に矯正する場合は、マウスピース矯正だけでは対応できない症例もあります。

その際には一般的な矯正方法であるワイヤー矯正と併用して治療するケースもあります。

 

■参考記事:ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いは?向いている人の特徴

5-2.ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯並びの矯正に広く用いられる治療法で、金属製のブラケットとワイヤーを用いて歯を理想的な位置に動かします。

 

ブラケットは歯の表面に接着し、そこにワイヤーを通して歯に持続的な力を加えます。

この力により、歯は徐々に動いて正しい位置に並びます。

 

歯の表側にブラケットを装着する表側矯正は、古くからある一般的な方法です。

金属製のブラケットが主流ですが、審美性を重視する患者のために、セラミック製やプラスチック製のブラケットもあります。これらの素材は透明または歯の色に近いため、装着していても目立ちにくいのが特徴です。

 

また、歯の裏側にブラケットを付けるものを裏側矯正といいます。

外見上ほとんど見えないため、矯正器具を気にせずに生活することができます。

裏側の矯正は技術的に難しく、治療期間や費用が表側よりも高くなる傾向がありますが、審美性を重視する患者には非常に人気があります。

5-3.セラミッククラウン法

セラミッククラウン法とは、歯を全体的に削ってそこにセラミックのクラウン(差し歯)を被せる治療方法です。

前に突出して生えている歯など、出っ歯の原因になっている前歯の形を削り、歯が内側に向くように治療します。

 

セラミッククラウン法は歯列矯正をするよりも、短期間で高い審美性を得られる方法として注目されています。

骨格性の出っ歯の場合には、セラミッククラウン法は向きませんが、後天性の癖などによる出っ歯は矯正が可能です。

 

ただし、クラウン(差し歯)は破損のリスクがあるほか、10~20年で入れ替えなければならないのがデメリットに感じる方もいるでしょう。

5-4.外科手術

骨格要因の出っ歯を治すためには、外科手術が必要な場合があります。

 

簡単な歯茎の出っ張り等であれば、ワイヤー矯正などで可能なケースもありますが、上顎が大きすぎる、上下顎のバランスが悪いケースでは外科手術が必要です。

 

この場合は、矯正歯科ではなく、口腔外科美容外科などで手術を行う必要があります。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

6.歯並び改善の中でも出っ歯を矯正する際の治療範囲

美人なのにおしい!歯並びの悪さで印象が変わる理由

出っ歯は前歯が目立つのが問題と考えられることが多いですよね。

そうであれば、前歯だけの部分的な治療で治るのでしょうか。

 

出っ歯における部分矯正全顎矯正についてまとめました。

6-1.部分矯正

部分矯正は、前歯を含む数本の歯だけを移動させる方法です。

 

軽度の症状の場合に適応されます。

 

比較的短期間低価格で治療できます。

 

マウスピース矯正ワイヤー矯正のどちらも適応されています。

 

しかし、骨格が原因である重度の出っ歯の場合や、噛み合わせなどの矯正も進められる場合、部分矯正できない場合があるので、歯科医院で部分治療が可能かどうか相談しましょう。

6-2.全顎矯正

全顎矯正は、歯列全体を動かす矯正方法です。

 

重度の出っ歯や抜歯が必要な場合は全顎矯正による治療が一般的です。

部分矯正では治療できない症例でも矯正できる可能性があります。

 

例えば、下の歯がガタガタしていて叢生である、また奥歯の噛み合わせが悪く改善したい場合、全顎矯正なら出っ歯の治療と一緒に行えます。

 

ただし、部分治療に比べ、治療費が高く、治療期間も長期化する傾向があります。

全体的な矯正が必要かどうかも、歯科医院にて症状を診てもらった上、相談してみてください。

 

■参考記事:前歯や奥歯の部分矯正の値段の相場とは?矯正装置別の費用と治療期間

\自分にぴったりのプランを見つける/

7.歯列矯正の費用を抑える方法

 

いくつかの方法や制度を活用すれば、費用を抑えて歯列矯正することは可能です。

歯列矯正の費用を抑える方法は以下の通り。

 

  • ・安く歯列矯正できる施術や医院を選ぶ
  • ・医療費控除を活用する
  • ・デンタルローンを活用する

7-1.安く歯列矯正できる施術や医院を選ぶ

安く歯列矯正できる施術や医院を選ぶことで、歯列矯正の費用を抑えられます。

歯列矯正と一言で表しても「ワイヤー矯正・マウスピース矯正・裏側矯正」などさまざまな施術があります。

 

歯の移動量が少なかったり、部分的な矯正であれば、マウスピース矯正がおすすめです。

 

また歯列矯正は医院によって、同じ施術でも費用が異なります。そのため、自分に合った医院を探すことが重要ですよ。

ウィ・スマイルでは月額1,760円~マウスピース矯正を受けられます。LINEで無料相談も行っているので、気になる方はお気軽にご相談ください。

\自分にぴったりのプランを見つける/

7-2.医療費控除を活用する

医療費控除を活用すれば1年の間に支払った医療費の一定額を元に所得控除を受けられます。

病気で通院した際には、かかった治療費や検査費のほかにも公共交通機関を利用した際の費用も医療費控除の対象になります。

 

歯列矯正の場合には、歯並びの乱れによって滑舌が悪く会話が困難であったり、噛み合わせが悪く上手く食べ物を咀嚼できない場合に医療費控除の対象となりますのでご注意ください。

医療費控除を受けるには医師の診断書が必要になるため、医療費控除を活用できるかどうかを確認したい場合には、歯科医院で医師に相談してみると良いですよ。

 

その年の1月1日から12月31日までの間に自己または自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額(下記「医療費控除の対象となる金額」参照)の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

 

引用:国税庁「No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)

 

歯科矯正は医療費控除制度の対象になる?適用条件と手続き方法を解説

7-3.デンタルローンを活用する

デンタルローンとは、信販会社や金融機関などが提供している歯科治療費専用のローンです。借入金の使用目的が特定の歯科治療に限定されています。

 

仕組みはほかのローンと同様に、かかった歯科治療費を信販会社や金融機関が立て替えて患者様が分割で返済していきます。利息もかかるため、利用するかは慎重に検討しましょう。

デンタルローンは歯科医院で申し込める場合が多く、利用できるのは原則として1回までです。歯科医院で申し込み、審査を通過すれば利用できます。

 

参考:LOAN NOTE「デンタルローンとは?高額な歯科治療費を無理なく支払う方法を紹介

 

歯科矯正で利用できるローンとは?知っておきたい利用時の留意点

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

8.歯並びを治すにマウスピース矯正がおすすめな理由

東京のマウスピース矯正おすすめ医院5選|クリニックの選び方も解説

出っ歯を治すような歯列矯正を受ける際には、マウスピース矯正がおすすめです。

以下ではマウスピース矯正がおすすめである理由を紹介していきます。

8-1.矯正装置が目立ちにくい

マウスピース矯正はほかの歯列矯正に比べて、矯正装置が目立ちにくいです。マウスピースが透明で日常生活で装着していても、あまり目立つことはありません。

ワイヤー矯正は歯の表側にワイヤーとブラケットが出ているため、矯正しているのが目立ってしまいます。

 

そのため、歯列矯正を躊躇っていた方もいるのではないでしょうか。そのような方にはマウスピース矯正はおすすめですよ。

8-2.痛みが少ない

マウスピース矯正はほかの歯列矯正よりも痛みが少ないと言われています。理想とする歯並びに向けて、シミュレーションを作成し、何度もマウスピースを作り変えて矯正していくからです。

 

歯列矯正はすぐに効果が出る訳ではありません。そのため、長期間器具を装着する必要があるので痛みの少ないマウスピース矯正が人気です。

8-3.自由に取り外せる

マウスピース矯正はマウスピースを自由に取り外せます大事な用事や恋人とのデートの時だけマウスピースを外すことも可能です。

しかしマウスピースの装着時間が短いと治療期間が伸びてしまうため、ご注意ください。

 

ウィ・スマイルでは、月額1,760円~マウスピース矯正を受けられます。LINEでの無料相談も行っているので、お気軽にご相談ください。

\自分にぴったりのプランを見つける/

9.歯並びを自分で治すことに関するよくある質問

9-1.歯並びは自分で治してはいけませんか?

歯並びを自分で治すのはリスクが高いです。基本的には、歯科医院で医師の診断を受けて、適切な治療を受けるようにしましょう。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

9-2.歯並びの治療方法は?

歯並びの治療方法は、主に以下の3つです。

 

  1. 1.マウスピース矯正
  2. 2.セラミッククラウン法
  3. 3.外科手術

 

詳しくはこちらをご覧ください。

9-3.費用を抑えて治療するには?

費用を抑えて歯並びを治療をしたい方には、マウスピース矯正がおすすめです。

 

マウスピース矯正は、ほかの歯列矯正より費用が割安であるため、人気のある歯列矯正です。

 

ウィ・スマイルのマウスピース矯正は最短3ヶ月で治療可能で、矯正器具も目立ちにくくなっているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

WEB予約はこちら

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

10.歯並びはセルフケアではなく矯正治療を

歯並び治療は指で前歯を押すなどのセルフケアはおすすめできません。

常時、適度な力をかけないと、歯は移動しませんし、強い力で押してしまうと歯を傷めてしまう可能性があるからです。

 

歯並びに悩みを抱え、改善したいと考えた際には、歯列矯正治療がおすすめですが矯正治療にも種類があります。

部分的に矯正するのか、それとも歯並び全体、または顎のバランスや噛み合わせの治療も一緒に行うのかによって、治療の種類は異なります。

 

気になる場合は歯科クリニックで治療法を相談してみましょう。

 

ウィ・スマイルによる前歯の部分矯正は、マウスピース矯正が行われます。

3Dシミュレーターを利用した高精度のマウスピースを使った矯正なので、より短期間で効率的な治療が可能です。

 

部分矯正から全顎矯正まで適応可能ですが、前歯の部分矯正コースもあります。

部分矯正コースなら、治療期間は約3ヶ月~10ヶ月、治療費は月額で支払えるなど、お手軽に矯正を開始できます。

 

矯正治療は基本的に保険適応がされないため、高額な治療費となるのか心配がある方もいるでしょう。

ウィ・スマイルではその点、毎月かかる調整料や治療後の保定期間料も月額料金に含まれているので、最初にどのくらいの治療費がかかるのかが分かります。

 

出っ歯を治し、口元をすっきりときれいに見せたい方は、一度相談してみてもよいでしょう。

\自分にぴったりのプランを見つける/

関連記事

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら