ブログ

ブログ

大人の受け口の治し方|歯列矯正の費用や自分でできるトレーニングを紹介

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

大人の受け口の治し方|歯列矯正の費用や自分でできるトレーニングを紹介

「受け口を治したい……」

「受け口を治すトレーニングってあるの?」

 

受け口は口を閉じていてもあごが前に出てしまい、輪郭に特徴がある症状です。そのため、見た目にコンプレックスを感じている方も多いのではないでしょうか?

 

受け口は骨格の成長を終えた大人でも、歯列矯正や外科的矯正治療で改善できる可能性があります。受け口を治療すると見た目の改善だけではなく、さまざまなメリットが得られるでしょう。

 

当記事では、受け口を改善するトレーニングや受け口の治療法について解説しています。

 

受け口の治療法について理解し、自分にあった方法で受け口を解消しましょう。

 

「歯列矯正を考えているけど、どんなものか不安」という人は、ウィ・スマイルの1回お試しプランでマウスピース矯正を体験してみませんか?ウィ・スマイルのお試しプランは1,650円で気軽に歯列矯正を体験できます。

 

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

1.受け口の治し方は歯列矯正か外科的矯正治療の2つ

受け口の治療法は症例によって2パターンに分かれています。歯並びが問題の場合は歯列矯正、骨格が原因の場合は外科手術も伴う場合があります。

 

受け口の原因によって治療法が異なるため、担当医と相談してから治療を始めましょう。

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

1-1.反対咬合(受け口)を治す歯列矯正の種類

歯並びに問題がある歯槽性反対咬合の場合は、ワイヤー矯正やマウスピース矯正などの歯科矯正で治療できる場合があります。

 

治療法は以下の通りです。

 

  • ・マウスピース矯正
  • ・表側矯正(ワイヤー矯正)
  • ・裏側矯正

 

あごの骨格に問題がある症状ではないため、通常の成人矯正で治療できる可能性があります。

 

1-1-1.マウスピース矯正

ウスピース矯正は透明な素材で作られたマウスピースを歯に装着し、少しずつ歯を動かしていく方法です。装置が透明かつ取り外しが可能なので、周りから気づかれずに歯の矯正ができ、食事や歯みがきの際にもストレスがありません。

 

ただ、一日20時間以上の装着をしないと計画通りに歯が移動しないので、医師に言われた装着時間は守りましょう。

 

関連記事:マウスピース矯正とは?メリット・デメリットとワイヤー矯正との比較を解説

1-1-2.表側矯正(ワイヤー矯正)

表側矯正はワイヤー矯正とも言われ、歯の表面にブラケットをつけてワイヤーの力で歯を動かしていく矯正方法です。表側矯正は矯正力が高いため、歯並びがどんなに悪くてもほとんど治療できます。

 

ただ、矯正器具が正面から見えるので、目立ちすぎる点がデメリットといえるでしょう。人と接する仕事をしている人には向いていない恐れがあります。

 

関連記事:表側矯正とは?裏側矯正との違いや選び方について解説

1-1-3.裏側矯正

裏側矯正とは、ワイヤー矯正と同じ器具を歯の裏側に取り付ける治療法です。ワイヤー矯正の矯正力とマウスピース矯正の目立ちにくさを兼ね備えた歯列矯正です。

 

しかし、取り付けには高度な技術が必要なので扱えるクリニックが限られてしまい、治療費が高額になります。

 

上の歯は裏側に装置を取り付け、下の歯には表側に取り付ける「ハーフリンガル」という方法もあります。ハーフリンガルなら裏側矯正より費用を抑えられるので「ワイヤー矯正しか適応しないけど、矯正器具はできるだけ目立たせたくない」という方におすすめです。

 

関連記事:裏側矯正(舌側矯正)とは?メリット・デメリットとできない症例を解説

1-2.外科手術を伴う反対咬合(受け口)

歯並びではなく骨格に問題がある場合は、子どもならムーシールドや小児矯正で改善できるでしょう。しかし、大人は骨格の成長が止まっているため、外科手術と歯列矯正を併用する外科矯正になる可能性があります。

 

日常生活に支障をきたす場合や、顎変形症と診断された場合は健康保険が適用されます。そのため、手術前後の歯列矯正や入院費を含め約60万〜80万円で治療できるでしょう。

\自分にぴったりのプランを見つける/

2.自力で受け口を改善するトレーニング

歯列矯正や外科手術には高額な治療費が発生するため、自力で治したいと考える方も多いでしょう。大人が受け口を自力で治すのは難しいですが、子どもの受け口なら改善できる可能性があります。

 

受け口を治すトレーニングは誰でも簡単にできるので、気軽に試してみてください。

 

舌回し
  1. 口を閉じ、奥歯の外側に舌先をつける
  2. そのまま反対側の奥歯まで歯の外側をなぞる
おちょぼ口
  1. おちょぼ口にする
  2. 前に出したり引っ込めたりを繰り返す
舌のポジション
  1. 舌を上の前歯の付け根あたりに置く
  2. 5秒間キープを5回ほど繰り返す

 

歯の位置には舌や口周辺の筋肉が関係しており、鍛えれば噛み合わせを改善できる可能性があります。

 

3.受け口の原因

受け口の主な要因は2種類あり、先天的な要因と後天的な要因に分けられます。

 

  • ・親からの遺伝
  • ・下あごの成長
  • ・子どもの頃のくせ

 

後天的な要因は生活習慣のコントロールで改善できる可能性があります。

3-1.親からの遺伝

必ずではありませんが、親のどちらかが受け口だと子どもに遺伝する可能性があります。

 

ただ、受け口は遺伝よりも後天的な生活習慣によるものが多く、主に指しゃぶりがあげられます。一般的に3〜4歳までにやめたほうがいいとされており、歯並びが悪くなる原因のひとつです。

 

関連記事:歯並びは遺伝で決まる?乳歯と永久歯の歯列への影響と矯正の必要性

3-2.下あごの成長

子どもの頃の発育段階で、上あごに比べて下あごが発達しすぎて受け口になってしまうことがあります。成長期であれば、ムーシールドによるトレーニングであごの発育をコントロールしたり、小児矯正で受け口を改善できます。

 

ムーシールドは3歳から取り付け可能で、就寝時につけるマウスピースのようなものです。費用も期間も子どものほうが少なく済むので、早めに治療しましょう。

3-3.子どもの頃のくせ

幼少期の悪癖が受け口の原因となってしまうケースがあります。発育期は骨が柔らかいため、あごを前に出す仕草や頬杖などは顎関節の変形につながります。

 

また、舌で下の前歯を押し出す癖も受け口の原因になるため、生活習慣を改善することが大切です。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

4.受け口を放っておくリスク

受け口には審美的な問題だけでなく健康面にも影響を及ぼす可能性があります。受け口を放置するリスクは以下の通りです。

 

  • ・見た目が悪くコンプレックスになりやすい
  • ・食べ物をうまく噛みきれない
  • ・顎関節症を引き起こす可能性がある
  • ・滑舌が悪くなる

 

上記が原因で肩こりや頭痛、消化不良を引き起こすこともあります。体調が悪いのは、噛み合わせの悪さが原因かもしれません。

 

4-1.見た目が悪くコンプレックスになりやすい

受け口は、程度によって口元が不機嫌な表情に見えやすい症状です。そのため、受け口の見た目にコンプレックスを感じる方もいるでしょう。とくに横顔のEラインが気になり、横から見たときのあごが出ている状態が目立ちます。

 

受け口を解消すれば横顔も変化し、見た目のコンプレックスが改善する可能性があります。

4-2.食べ物をうまく噛みきれない

受け口は噛み合わせの上下が逆になっているため、食べ物をうまく噛みきれないケースがあります。細かく噛み砕けないまま飲み込むと、胃腸などに負担がかかって消化不良を起こしやすくなります。

 

消化不良になると現れる症状は以下の通りです。

 

  • ・腹痛や下痢
  • ・発汗、息切れ、心拍数の増加
  • ・食欲不振や吐き気、嘔吐
  • ・上腹部の痛みや不快感
  • ・ガスが溜まった感じがする

 

上記の症状に該当する方は、受け口が原因で消化不良になっているかもしれません。消化器内科を受診し、現在の症状が消化不良によるものなのか診てもらいましょう。

4-3.顎関節症を引き起こす可能性がある

受け口の方は食べ物をバランスよく噛み砕けずに、片側の奥歯や偏った部分で噛む癖がつきやすくなります。そのため、食事のたびにあご関節に負担がかかりやすく、将来的に顎関節症を引き起こす可能性があります。

 

顎関節症の症状は以下の通りです。

 

  • ・口を開け閉めした時にあごが痛む
  • ・口を開けるときに「パキン」というような音がする
  • ・口が大きく開けられない

 

顎関節症になると肩こりや頭痛、めまいといった症状が起こり、悪化すると食事や会話ができなくなります。受け口を治療せずに放置しておくと、日常生活に支障をきたすことも考えられます。

4-4.滑舌が悪くなる

上下の前歯がうまく噛み合わないと、息が抜けてうまく発音できない単語があります。主に、歯をすり合わせて前歯に空気を送る「サ行」や一気に空気を吐き出す「タ行」が発音しにくい傾向にあります。

 

滑舌を改善するためには、舌のストレッチや表情筋のトレーニングがいいでしょう。

\自分にぴったりのプランを見つける/

5.受け口を矯正するメリット

受け口を矯正すると得られるメリットは以下の通りです。

 

  • ・コンプレックスの解消
  • ・虫歯や歯周病になりにくくなる
  • ・頭痛・肩こりの改善
  • ・消化不良の改善

 

歯列矯正をすれば受け口特有の横顔も改善し、コンプレックスが解消する可能性があります。また、噛み合わせの悪さは、見た目以上に健康面に影響し、あごが歪んでいきます。現在、日常的に頭痛や肩こり、消化不良に悩まされている方は受け口が原因かもしれません。

 

歯列矯正で噛み合わせを改善すれば、見た目や健康上の問題を解決できる可能性があります。

 

まずは自宅近くのクリニックで、自分の受け口の原因は歯並びなのか骨格によるものなのか診断してもらいましょう。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

6.大人の受け口を治す費用と期間の目安

大人の受け口を治す費用と期間の目安

矯正歯科治療は健康保険が適用されないため、治療費は歯科医院によって異なります。また、費用は治療方法による違いだけでなく、受け口の程度や他の症状によっても変わります。人によっては受け口だけでなく、叢生(そうせい)や開咬など他の症状も見られるケースがあるためです。

 

必要であれば小臼歯と呼ばれる真ん中から4番目と5番目を抜歯することもあり、さらに費用がかかる可能性もあります。

 

主な矯正方法と治療期間の目安は以下の通りです。

 

費用期間
マウスピース矯正約10万円〜100万円1年〜3年
ワイヤー矯正約20万円〜100万円1年〜3年
裏側矯正約35万円〜150万円1年〜3年

 

治療期間はどれも変わりありませんが、マウスピース矯正は通院する頻度が少ない傾向にあります。ワイヤー矯正は1ヶ月に1回ワイヤーの調整が必要ですが、マウスピース矯正は2〜3ヶ月に1回で済みます。通院回数が少ないので、日常的に忙しい方はマウスピース矯正がおすすめです。

7.受け口を治すならマウスピース矯正がおすすめ

歯並びの悪さによる軽度の受け口は、ウィ・スマイルのマウスピース矯正がおすすめです。

 

ウィ・スマイルとは、マウスピース矯正を考えている人と全国のクリニックをつなぐポータルサイトの名称です。「ウィ・スマイル」という装置が存在するわけではなく、クリニックが提供しているマウスピース矯正を受けてもらいます。

 

マウスピース矯正は透明で目立ちにくく、取り外しができるので食事や歯みがきの際に邪魔になりません。そのため、矯正中でもワイヤー矯正より虫歯や歯周病のリスクが少ない傾向にあります。

 

ウィ・スマイルには1回からのお試しプランがあり、マウスピース矯正を試してから治療を継続するか選択可能です。治療費は月額制なので経済的な負担も抑えられます。

 

受け口で悩んでいる方はLINEから気軽に質問・相談してみてください。

\自分にぴったりのプランを見つける/

8.大人でも症状によっては受け口を歯列矯正で改善できる

大人でも症状によっては受け口を治療できます。受け口の原因が歯並びなら歯列矯正で改善できますが、骨格に原因がある場合は外科手術も必要です。外科手術を伴う場合は健康保険が適用できる可能性があるので、保険適用できれば費用は大きく変わりません。

 

また、子どもなら自宅で誰でもできるトレーニングで改善することもあるので、まずは簡単なものから始めましょう。

 

受け口を放置するのは見た目だけでなく、健康面でもリスクがあります。現在感じている肩こりや頭痛は受け口が起因しているかもしれません。

 

受け口の矯正ならマウスピース矯正がおすすめです。ウィ・スマイルのマウスピース矯正はカットラインと呼ばれる分割線を2mm長くすることで、矯正力を高めています。そのため、マウスピース矯正では適応できない歯並びも、対応できる可能性があります。

 

ホームページでは過去に治療した症例を紹介しているので、参考にしてみてください。

 

ウィ・スマイルなら1回1,650円でお試しができます。毎月30名限定のキャンペーンなので、悩んでいる方は、早めに申し込むのがおすすめです。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

関連記事

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら