ブログ

ブログ

ガタガタした歯並びを治すには?原因や治療費用についても解説!

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

がたがたした歯並びを治すには

歯並びがガタガタしていると、見た目が悪くなるだけでなく、口の中の咬み合わせが悪くなり、食べものを咬みにくくなったり、歯ぎしりや口臭の原因にもなることがあります。そのようなガタガタした歯並びを治す方法の一つに、歯列矯正があります。

 

歯列矯正治療は、歯の根元に装着するブラケットや金属線を使用する矯正方法、透明なマウスピースを使用するなど矯正方法はさまざまです。

 

子どもの場合は、成長期の治療による効果は大きく、治療期間も短く済むことが多いので治療費用も比較的安価になることがあります。

 

一方、大人になってから歯列矯正治療を希望する場合、治療期間が長くなることや、治療費用が高額になることがあります。そのため、事前に確認し相談することが大切です。保険の適用外となることが多く、自費での支払いが必要な場合がほとんどです。

 

本記事では歯列矯正治療に関して費用面も十分に検討できるように、しっかりと解説していきます。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

1.ガタガタの歯並びは「乱杭歯」という状態

乱杭歯とは、歯並びが悪く、歯が混み合って生えている状態を指します。歯磨きがしにくかったり、歯茎のトラブルや虫歯の原因となったりするため、歯科医師との相談や診察を受け、できるだけ早期に治療を始めることが重要です。

 

治療方法としては、歯列矯正によるものが一般的です。レーザー治療による口内環境の改善や、歯石の除去なども併用されることがあります。治療期間は、歯の状態によって異なり、長期間に及ぶ場合もあります。

 

また、治療費用も高額になることがあるため、保険の適用範囲や、自費での支払い方法も事前に確認が必要です。

 

乱杭歯の予防ですが、子どもの場合は定期的な歯科検診や歯磨き指導が大切であり、大人の場合は、適切な歯磨きや口内環境の改善が必要となります。

2.歯並びがガタガタになる原因

歯並びがたがたになる原因

歯並びがガタガタになるのは、生まれつき顎の骨と大きさのバランスが悪い場合や、乳歯が抜けるスピード、歯並びが悪い親の遺伝などが原因といわれていますまた、赤ちゃんの指しゃぶりやペットボトルのキャップを噛むといった習慣も、歯の歪みを引き起こす要因となることがあります。

 

これらの原因を理解し、適切な予防と治療を行うことが歯並びを整えるために重要です。

2-1.顎の骨と歯の大きさのバランスが悪い

歯並びがガタガタになる原因の一つに、顎の骨と歯の大きさのバランスが悪いことなどがあります。顎の骨の大きさに対して、歯の数が多すぎる場合や少なすぎる場合、あるいは大きすぎる場合や小さすぎる場合などが考えられるでしょう。

 

いずれの場合も、歯の生える場所や方向が不正確になり、歯並びが悪くなることがあります。

 

歯並びが悪くなる原因として遺伝も関係していることがあります。

 

子どもの場合は、乳歯の脱落と永久歯が生える過程で十分なスペースがない場合に歯並びが悪くなることがあるため、口腔内の健康にも悪影響を及ぼす可能性が高まることを懸念して早期の歯科検診が大切です。

 

歯並びを改善するためには、歯列矯正治療が一般的ですが、個人に合った治療方法を選ぶようにしましょう。

2-2.乳歯が抜けるスピードが早かった

乳歯が抜けるスピードが早い場合、永久歯が生える際にスペース不足が生じることがあり、歯並びが悪くなる原因になることがあります。永久歯が生える順番やタイミングが、乳歯が抜けるスピードよりも遅い場合にも起こります。

 

つまり、乳歯が早く抜けた場合でも、永久歯が予定通りに生えてくる場合は歯並びに問題はないといえるでしょう。

 

スペース不足によって、永久歯が斜めに生えたり、隣の歯に重なったり、受け口や出っ歯などの歯並びの不良を引き起こす可能性があります。

 

スペース不足の歯並びの不良は、見た目の問題だけでなく、歯や歯茎の健康にも影響を与えることや、虫歯と歯周病リスクが高くなったり、口臭の原因になったりすることもあるため、とくに日常的な口腔ケアが欠かせません。

2-3.指をしゃぶるクセがある

指をしゃぶるクセは、子どもの間でよく見られます。このクセが続くと、歯並びの不良を引き起こす原因の一つになります。指をしゃぶると圧力が歯にかかり、歯が動かされて歯並びが変形する場合があり、舌の位置も左右にずれるため、咬み合わせが悪くなることも生じるのです。

 

こういった状態が続くと、歯並びがガタガタになり、咬み合わせが悪くなることから、顎関節症などの症状を引き起こすこともあります。そのため、学童期前に、指しゃぶりをやめることが望ましいとされています。

 

歯並びの不良を予防するためには、子どもの指しゃぶりが続く場合、指しゃぶりをやめるように、甘味を含んだガムやキャンディーを与えたり、指しゃぶり用の指カバーを使用したりするなどして、サポートを行うことが大切です。

3.歯並びが悪いのを放置するリスク

歯並びが悪く放置すると、歯と歯の間に歯垢や歯石がたまりやすいため、虫歯や歯周病などさまざまなリスクにつながりやすくなります。歯並びや嚙み合わせが悪いと口腔内にとどまらず、身体の健康にも影響を及ぼす恐れもあるため、放置するリスクについてしっかりとした理解が必要です。

3-1.虫歯や歯周病になりやすい

日常の歯のケアが不十分だと虫歯や歯周病にかかるリスクが高くなりますが、歯並びの悪さも同様にリスクがあります。

 

歯並びが悪いと、歯並びのデコボコや歯と歯の間にたまった食べかすが取りにくくなり、歯垢や歯石の定着によって歯周病の原因になります。

 

また、嚙み合わせが不十分になり、歯と歯への圧力が偏るため、歯のすり減りや抜け落ちのリスクも高くなります。したがって、歯並びが悪いまま放置すると、虫歯や歯周病だけでなく、歯自体の健康にも深刻な影響が出るでしょう。

 

正しい歯のケアとともに、歯並びの悪さを改善するためにも、歯科検診や歯科医師に相談して健康的な歯の維持を意識していくことが大切です。

3-2.口内炎ができやすい

口内炎は、口の中の粘膜にできる痛みや違和感を伴う傷です。歯並びが悪いと、歯と歯の間のすき間や角度が変わることで、食べもののかけらやブラシの毛先が入り込みにくくなったり、傷つけたりして口内炎になることがあります。

 

また、舌が歯に当たりやすく、摩擦やプレッシャーが増して、口内炎を引き起こす可能性もあります。歯並びが悪いまま放置し、口内炎が繰り返し生じると、慢性的な痛みや不快感に悩まされることになってしまうでしょう。

 

歯並びが不良であると、口内炎によって口内環境が悪化し、口腔内の健康に大きな影響を与える可能性もあります。そのため、日常的な歯磨きのみならず、定期的な歯科医院でのチェックアップや適切な治療が必要です。

 

歯並びが悪いことによって引き起こされる口内炎や歯周病は放置せず、早めに対処するようにしましょう。

3-3.食べものを正しく噛むのが難しい

歯並びが悪いと、歯が傾いたり、すき間ができたりして、食べものを正しく噛むことが難しくなります。嚙み合わせが不安定になることで食べものが効率的に咀嚼されず、消化器官に負担をかけることになり、消化不良や腸内環境の悪化、栄養不足など健康への影響が懸念されます。

 

歯並びの不良は放置すると、歯や歯茎、顎の異常なすり減りが進んで、歯や舌、口などの慢性的な疼痛によって、食べものを噛むこと以上の弊害や症状を引き起こすこともあります。

 

自分で治す方法を試すよりも、歯科医院での矯正治療であるブラケット矯正やマウスピース矯正を検討し、歯並びを改善するのがおすすめです。

 

見た目の美しさを重視した舌側矯正など、さまざまな方法があるので、歯科医師と相談し、自分に合った治療方法を選びましょう。

3-4.顎や体にゆがみが出やすい

顎や体のゆがみが出やすい場合、歯並びの不良が原因であることがあります。歯並びの異常が顎の動きに影響を与えるため、口を閉じたり開けたりする際に歯並びのゆがみによる負荷がかかり、顎関節や筋肉に不調を引き起こすことがあります。

 

歯並びの不良は咀嚼にも影響を与え、体の左右のバランスを崩すこともあるため、姿勢の崩れや肩こり、腰痛などが引き起こされる場合もあります。加えて、歯並びの不良は歯や咬合面に偏りを生じさせ、過剰な負荷が歯や歯茎にかかります。劣化やすり減りを引き起こして、咀嚼不良や顎のゆがみにつながることもあるでしょう。

 

以上のように、歯並びの不良は顎や体のゆがみを引き起こします。歯や歯茎を健康に保つことができないリスクも含めて、歯科医師と相談し、費用を抑えながら自由診療で治療を進めることが望ましいです。

4.大人のガタガタした歯並びの治し方・値段

大人のガタガタした歯並びを治す方法に、マウスピース矯正とワイヤー矯正があります。どちらも徐々に歯を移動させる矯正治療方法です。矯正期間や費用に違いがありますが、価格や期間を比較して、自分に合った治療法を選びましょう。

4-1.マウスピース矯正

大人のガタガタした歯並びにお悩みの人におすすめの矯正方法の一つが「マウスピース矯正」です。

 

マウスピース矯正は、特殊なプラスチック素材のマウスピースを作成し、歯にはめて歯列を徐々に移動させる矯正方法です。目立たず装着感が少ないため、普段の生活に支障をきたすことなく、歯並びをきれいに整えられます

 

矯正期間は個人差がありますが、通常は1年~2年ほどかかる場合が多く、週に一度程度の通院が必要です。一方、マウスピース矯正の費用は、矯正器具の種類、症状の程度や治療期間によって異なります。一般的には10万円~60万円程度の費用がかかる場合が多く、自由診療であるため、保険が適用されない場合もほとんどです。

 

歯科医師によっては、自費負担を抑えるために分割払い制度や受診回数の調整を提案してくれる場合があるため、事前に相談し、自分に合った矯正法を選びましょう。

4-2.ワイヤー矯正

マウスピース矯正のほかにも、歯列矯正の方法として「ワイヤー矯正」があります。ワイヤー矯正は、ラケットと呼ばれる金属の器具を歯に装着し、ワイヤーでつなぎながら歯をゆっくりと移動させる矯正法です。

 

ワイヤー矯正は症状が重く、複雑な場合に適していますが、治療期間はマウスピース矯正よりも長くなり、痛みや違和感が覚えることも多いため、個人差によってはマウスピース矯正よりも敬遠されることもあります。

 

ワイヤー矯正の費用は、症状の程度や治療期間によって異なりますが、一般的にはマウスピース矯正よりも高めの価格帯で、約80万円~100万円になります。

 

裏側矯正になると約130万円~150万円が相場の費用です。保険が適用される場合もありますが、条件によっては自己負担が大きくなることも考えられます。

5.子どものガタガタした歯並びの治し方・値段

子どものガタガタした歯並びを治す矯正治療には、一般的に1期治療と2期治療があります。1期治療は、深い嚙み合わせや犬歯の出っ歯など、顕著な異常を改善する治療で、2期治療は、1期治療で改善されなかった軽度な歯並びの改善をする治療となります。

5-1.1期治療(3~12歳)

子どもの歯並びを改善する治療として1期治療があり、乳歯から永久歯にかけての歯並びの成長を促し、将来的な歯並びを改善する目的です。

 

1期治療では、口腔内の状態や歯並びの発達状況に応じ、矯正装置やマウスピース矯正などを使用して症状を改善します。

 

具体的には深い嚙み合わせや犬歯の出っ歯、前歯の反対咬合、歯並びの乱れなどに対処し、咬み合わせの正常化や口腔内の健康な発育を促します。治療期間は、1週間~数ヶ月程度まで症状によって異なりますが、総じて短期間に終わる傾向です。

 

1期治療の費用は、治療内容によって異なりますが、一般的には20万円~50万円程度の範囲であることがほとんどです。自費治療であるため、保険が適用される場合は限られますが、歯科医師によっては分割払いや保険適用の提案をしてくれることもあります。

5-2.2期治療(12歳~成人)

2期治療は、永久歯が生えそろった12歳以降から成人にかけての期間に行われる歯並びの改善治療です。主に、前歯の並びや嚙み合わせの不良、口蓋裂の治療などに使用されます。歯並びが気になる人が18歳で治療を始めた場合の矯正期間は通常2年程度です。

 

歯並びの改善を目的として、ブラケットやワイヤーなどの装置を装着します。歯を移動させる治療期間は1年半~2年程度となるため、治療期間中に定期的な歯科医師の診察を受け、治療の進捗状況を確認していく必要があります。

 

治療費用は症状によって異なりますが、50万円~90万円ほどの費用がかかる場合が多いでしょう。治療期間がかかると費用も高くなったりする場合もあるため、歯科医師の相談と診察を受け、早期治療を検討することが推奨されています。

6.歯並びを治したいけどお金がない、どうすればいい?

歯並びの治療を検討したい人にとって、治療費は気になるところです。多額の費用が必要となることも考えられるため、お金がない人にとっては悩ましい問題でしょう。しかし、治療を諦める前にデンタルローンや部分矯正の選択肢もあることを知っておくことが大切です。

 

デンタルローンは、歯科医院で提供される分割払いの方法です。金融機関と提携している医院もあり、最長で10年間の分割払いに対応しているところもあります。

 

金利によっては、かなりの負担を強いられる場合もあります。しかしクレジットカードのキャッシング機能を利用するよりも金利が低く設定されることが多く、治療費用を抑えるには有効な方法です。

 

また、すべての歯を治療する必要がない場合、部分矯正の選択肢もあります。

 

部分矯正は治療箇所だけを矯正する方法です。矯正用の透明なマウスピース(インビザライン)などを扱い矯正を行います。一般的な矯正治療と比べると費用面が少なくできる点が大きなメリットです。

7.下の歯並びがガタガタになりやすい原因は?

下の歯並びがガタガタになりやすい原因は、いくつかあります。まず、歯磨きを不十分に行っていると、歯垢や歯石がたまり、虫歯や歯周病を発生したり歯の根の病気を引き起こしたりすることで歯が緩んでしまうおそれがあります。

 

さらに、下の歯並びがガタガタになりやすい人には、嚙み合わせの問題がある場合もあるでしょう。下の歯が前に出ていたり、上の歯に食い込んだりするなどの嚙み合わせの不調和は、歯を支える骨に負担をかけ、歯が緩んでしまうこともあります。

 

歯並びの悪さには、遺伝的な要因も考えられます。歯並びの悪さは遺伝する場合があるといわれています。もし親が歯が緩む体質である場合や、顎の骨が小さいなどの場合は、子どもにも同じような影響が出やすいでしょう。

 

このようなさまざまな原因で、下の歯がガタガタになりやすくなってしまいます。

8.歯列矯正はウィ・スマイル矯正がおすすめ

歯並びがガタガタしていて、自分自身の歯並びにコンプレックスを抱いている人には、ウィ・スマイル矯正がおすすめです。

 

ウィ・スマイル矯正とは、マウスピース矯正を考えている患者さんと全国のクリニックをおつなぎする「ポータルサイトの名称」です。そのため、「ウィ・スマイル」というマウスピース装置が存在するわけではなく、カウンセリングの上で、その医院が提供している適切なマウスピース矯正をお選びいただくことになります。

 

歯列矯正は、歯並びを改善する治療で、どのような歯並びでも改善できますが、ウィ・スマイル矯正は、従来の矯正治療とは異なり、ゴムを使わないため、矯正期間が短縮されるメリットがあります。

 

また、ウィ・スマイル矯正では、顎の骨格を変えずに歯を移動させるため、痛みが少なく治療のストレスも軽減されます。

 

マウスピースによる矯正であるため、見た目にも目立ちにくく、普段の生活に支障をきたさずにガタガタした歯並びを改善できるため、自分の歯並びに不安を感じている人にとっては、魅力的な治療法です。

 

以上のように、ウィ・スマイル矯正は痛みが少なく、矯正期間が短縮され、マウスピースによる矯正で目立ちにくく、いろいろな面で魅力的な歯列矯正です。

 

ガタガタした歯並びの改善を検討している人は、歯科医院でウィ・スマイル矯正の相談をしてみることをおすすめします。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

関連記事

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら