ブログ

ブログ

受け口はマウスピース矯正を適用できる?治療期間・費用の目安

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

矯正中に虫歯になる確率が高まる3つの理由

「受け口の見た目が悩みで自信が持てない」

「マウスピース矯正で受け口を治したい」

 

受け口には見た目の悩みだけでなく、身体的にもデメリットを引き起こす症状です。そして、受け口の症状をマウスピース型矯正装置で改善することはできるのでしょうか。今回の記事では、受け口の問題点やマウスピース矯正のポイントについてご説明します。また、受け口をマウスピース矯正が適用する基準や注意点についてもご説明します。

1.受け口とは

受け口とは不正咬合のひとつで、上下の歯を閉じたときに下の前歯が上の前歯よりも突出している症例です。放置した場合、様々な問題を引き起こす可能性があり、クリニックでの治療が推奨されています。

1-1.受け口の状態

受け口は上下の噛み合わせが反対という症状で、反対咬合(はんたいこうごう)と呼びます。また、下顎前突(かがくぜんとつ)とも呼ばれることもありますが、歯科医院によって認識に多少の違いがみられます。下顎前突は下顎が前に突出している状態なので「しゃくれ」として区別している歯科医院もあります。

1-2.受け口の主な原因

受け口になる主な原因は、先天的な要因と後天的な要因があります。

 

先天的な要因は親からの遺伝ですが、すべての子供に遺伝するわけではありません。後天的な要因としては、舌で下の歯を押し出す癖・頬杖・下顎を前に押し出すなどの癖があげられます。そのため、骨の柔らかい幼少期は成長の段階で悪癖を直してあげることが大切です。また、子どもの受け口は歯列矯正だけでなく、ムーシールドという装置で改善します。

1-3.受け口の影響

受け口の症状には、見た目の問題だけでなく健康に影響する身体的なデメリットもあります。

 

1-3-1.見た目のコンプレックス

受け口の程度によっては、下顎が出ている輪郭にコンプレックスを持つことがあります。

 

1-3-2.滑舌が悪い

受け口は上下の噛み合わせが逆なので、特定の単語をうまく発音できないことがあります。

特にサ行やタ行が発音しにくく、さらに英語の発音にも影響する可能性があります。

 

1-3-3.胃腸への負担

唾液の役割は、食べ物を消化する上で重要な役割を持っています。食事の際に食べ物を噛み砕くことで唾液が分泌されて、体内で消化しやすくします。しかし、受け口の程度によっては咀嚼しきれず飲み込むため、胃腸など消化器官に負担をかけてしまうリスクがあります。

 

1-3-4.虫歯や歯周病のリスク

唾液には殺菌効果があり、口内の病気リスクを下げる働きがあります。しかし、受け口によって唾液の量が少ない場合、虫歯や歯周病へのリスクが高くなります。

 

1-3-5.顎関節症のリスク

受け口の症状によっては正常の咀嚼ができず、顎関節に負担がかかっているケースがあります。そのため、受け口は将来的に顎関節症を発症する要因にもなります。

2.マウスピース矯正で受け口の治療はできる?

マウスピース矯正による部分矯正の治療の流れ

装置が透明なので、目立たずに治療できる人気のマウスピース矯正。では、マウスピース矯正で受け口を改善することはできるのでしょうか。受け口と言っても人によって程度が異なり、叢生などの症状も重なっているケースもあります。そのため、マウスピース矯正が適用するかは事前の検査が必要です。

2-1.軽度の受け口はマウスピースで矯正できる

受け口が軽度の場合、マウスピース矯正で改善できる可能性があります。ただし骨格性の問題や、受け口の程度によっては、ワイヤー矯正(裏側矯正も可)や外科矯正を併用して改善します。

2-2.軽度の受け口と重度の受け口の具体例

受け口の症状は、目安としては以下のような判断で軽度と重度に分けられます。

 

2-2-1.軽度の受け口

歯列矯正は、歯を並べるスペースが足りない場合は抜歯矯正という治療法で歯列を整えます。そのため、抜歯などの施術をせずに上顎の歯列を整えられる状態が軽度の受け口です。また、上の前歯を前方に突出させるだけで改善できる症状も軽度の受け口と言えます。

 

軽度の受け口の例

2-2-2.重度の受け口

前歯の問題だけでなく、叢生のように歯並び全体がデコボコに乱れているなどの状態は重度の受け口です。また、上の前歯を前方に出すだけでなく、下の前歯を後方に下げなければいけない状態も軽度とは言えません。そのため重度の受け口の場合は、手術や骨格的な処置を行なって全体の歯列を改善します。

 

重度の受け口の例

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

3.受け口の治療を含むマウスピース矯正の期間の目安・相場と注意点

マウスピース矯正の基礎知識と期待できる効果

受け口を含め、マウスピース矯正の費用や治療期間には個人差があります。また、治療計画どおりに治療を進めることも矯正期間や費用に影響します。

3-1.マウスピース矯正の治療期間の目安と相場

マウスピース矯正の治療期間は受け口の程度によって約5ヶ月~3年ほどです。また、費用は約10100万円ほどですが、治療内容やクリニックによっても異なります。

 

歯科矯正は原則として自由診療ですが、外科手術が必要な症状については保険治療できる可能性があります。ただし、健康面の改善を目的としているため、見た目を整えるような治療方法はできません。

 

参考:矯正歯科治療が保険診療の適用になる場合とは(公益財団法人日本矯正歯科学会)

https://www.jos.gr.jp/facility

3-2.マウスピース矯正治療の注意点

マウスピース矯正は食事の際に取り外せたり、目立たずに治療できたりとメリットの多い矯正方法です。ただし、マウスピース矯正には以下のような注意点がありますので、治療を行う際は事前に理解しておきましょう。

 

3-2-1.1日の装着時間を守る

マウスピース矯正は、装着したアライナーの力で歯を移動するため、120時間以上の装着が必要です。装着を忘れてしまうと歯が移動できず、場合によっては歯が後戻りしてしまうリスクがあります。そのため、食事と歯磨きのタイミング以外は装着を忘れないよう管理が必要です。

 

3-2-2.破損に注意する

マウスピースは0.5mm程度で薄いため、奥歯の食いしばりや就寝時の歯ぎしりで破損しやすい特徴があります。また、装置を外さずに食事をするのも破損の原因になるため注意が必要です。破損してしまうと痛みを感じるだけでなく、作製のやり直しで治療が遅れてしまう可能性があります。

 

3-2-3.飲み物に注意する

ジュースなど糖分の入ったものはマウスピースを外して飲むようにしましょう。そのまま飲むと装置に糖分を閉じ込めてしまい、虫歯のリスクが高まってしまうためです。また、ジュースを飲んだ際は歯磨きをしてからマウスピースを装着する必要があります。

 

また、緑茶やコーヒーなどはマウスピースに着色する可能性があります。そのため、飲み物によっては装置を外して飲むか、矯正期間中は水を飲むようにしましょう。

\自分にぴったりのプランを見つける/

4.程度によっては受け口をマウスピース矯正できる「まとめ」

まとめ:インビザラインで目立たず歯列矯正しよう

マウスピース矯正で受け口を治療できるかについては、受け口の程度と下顎の骨格がポイントになります。また、歯科医師によっても判断が異なるため、気になる点や希望などは事前に相談しましょう。

 

受け口を改善して理想の歯並びを手に入れるためは、信頼できる歯科医院や矯正歯科で治療することが大切です。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

関連記事

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら