ブログ

ブログ

表側矯正とは?裏側矯正との違いや選び方について解説

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

表側矯正

歯並びを整えるのに表面矯正を検討中の人はいませんか?

 

表面矯正は、口を開けると目立ちますが、どんなに歯並びが悪くても高い確率で治療ができる矯正方法です。

 

そのため、長い歴史があり、費用も矯正治療のなかでは負担が少ないのが特徴の一つです。

 

矯正治療は一度始めると長期間かかるため、表面矯正のメリットやデメリットもしっかり把握してから検討したいという人もいるでしょう。

 

そこで本記事では表面矯正の特徴やメリット、デメリットなどをまとめました。

 

裏側矯正やマウスピース矯正との違いや選び方についても解説しているので、ぜひ最後まで読んでください。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

1.表側矯正とは?

表面矯正とは、歯の表面にブラケットという装置を付け、そこにワイヤーを通して、歯並びを整える治療法です。

 

ワイヤーが引っ張る力によって歯並びを整えるため、ワイヤー矯正やブラケット矯正とも呼ばれます。

 

歯の矯正方法のなかでもっともオーソドックスで長い歴史がある治療法です。

 

表側矯正なら、歯並びがどんなに悪くても、ほとんどの場合治療ができます。

 

また、矯正器具が舌にあたらないため、発音への影響が少なく、治療後すぐに人と話す際も問題になりません。

 

費用面は安くはありませんが、矯正治療のなかでは負担を抑えられるほうです。

 

ただし、矯正具が見えるため、目立ちすぎる点はデメリットといえるでしょう。人と接する際に見た目が気になる人は、表面矯正は向いていない恐れがあります。

 

また、自由に脱着ができないため、矯正器具を付けたまま、食事や歯磨きをすることになります。

 

そのため、矯正具が食事中に引っかかる感覚があったり、食べカスが付きやすくなったりすることもあるでしょう。

 

表面矯正は万能ではありませんが、どんなに歯並びが悪くても大抵の場合は治療が可能です。

 

見た目を気にすることなく、早く歯並びを整えて治療を終わらせたい人は、表面矯正を検討してみましょう。

1-1.裏側矯正との違い

裏側矯正とはブラケットとワイヤーを歯の裏側に装着して歯並びを矯正する治療法です。

 

表面矯正とは異なり、矯正具が歯の裏側にあるため、人から見えにくい点が大きな違いです。

 

また、表面矯正は歯の形状に合わせてブラケットをひとつずつ調整しながら装着しますが、裏側矯正は歯型を取って矯正具をオーダーメイドして使用します。

 

歯の裏側の形は複雑で、一人ひとり異なるため、表面矯正より技術と時間、費用がかかります。

 

そのため、裏側矯正は表面矯正より高額で治療完了まで時間がかかる点にも注意が必要です。

 

矯正方法表面矯正裏側矯正
費用相場・全体矯正:60〜100万円

・部分矯正:30~70万円

・全体矯正100~150万円

・部分矯正40~70万円

治療期間・全体矯正:1~2年程度

・部分矯正:5か月〜1年程度

・全体矯正:2~3年程度

・部分矯正:5か月〜1年程度

 

多少高額になったとしても、見た目のほうを重視したい人には裏側矯正、なるべく費用を抑えて早く矯正を終わらせたいのなら表面矯正のほうがおすすめです。

1-2.マウスピース矯正との違い

\自分にぴったりのプランを見つける/

マウスピース矯正とは、マウスピース型の矯正具を装着し、歯並びを矯正する治療法です。

 

治療経過を見ながらマウスピースを取り替え、徐々に歯を動かして、歯並びを整えていきます。

 

必要に応じたアタッチメントの取り付けで、矯正力を高める処置も行います。

 

表面矯正とは異なり、近づかない限り、矯正具が目立ちにくい点が魅力です。

 

また、マウスピース矯正は自分で脱着ができるため、歯磨きがしやすく、歯に食べカスが残りにくい特徴もあります。

 

表面矯正とマウスピース矯正の違いや特徴を下記の表にまとめました。

 

表面矯正マウスピース矯正
見た目目立つ近づくと見える
費用・全体矯正:60〜100万円

・部分矯正:30~70万円

・部分矯正:10万〜40万円

・全体矯正:60万〜100万円

治療期間・全体矯正:1~2年程度

・部分矯正:5か月〜1年程度

・全体矯正:1〜3年程度

・部分矯正:1年未満

痛み・全体矯正:1~2年程度

・部分矯正:5か月〜1年程度

・全体矯正:1〜3年程度

・部分矯正:1年未満

着脱の可否歯科医院でのみ可能自分でいつでも可能

 

表面矯正は自分で取り外しはできないため、歯磨きがしにくく、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。

 

ほかにも、マウスピース矯正は表面矯正より安いため、負担を軽減して歯の治療が可能です。

 

状況に合わせて自分で脱着できる矯正具がいのなら、マウスピース矯正が向いているといえるでしょう。

2.表側矯正のメリット

表側矯正のメリット

表面矯正にはさまざまなメリットがあります。

 

  • ・ほとんどの歯並びでも対応できる
  • ・滑舌や発音に影響が少ない
  • ・治療費を抑えられる

 

ここでは表面矯正のメリットを詳しく解説します。どの矯正治療にするかで悩んでいる人

は、ぜひ参考にしてください。

2-1.ほとんどの歯並びでも対応できる

表面矯正は、ほとんどの歯並びに対応ができる矯正治療法です。

 

歯並びが悪すぎて裏側矯正やマウスピース矯正を断られた人でも、面矯正なら治療ができる可能性があります。

 

また、治療範囲も歯全体から部分的なものまで、幅広く対応が可能です。

 

たとえば、全体の歯並びを整えるのはもちろん、前歯などの気になる部分のみ整える部分矯正や、噛み合わせだけを改善する治療もできます。

 

表面矯正ならほとんどの問題を解決できるため、歯並びにコンプレックスがある人は、ぜひ治療を検討してみましょう。

2-2.治療費を抑えられる

歯科医院によっても異なりますが、表面矯正は、ほかの矯正治療に比べて治療費が安い傾向があります。

 

裏側矯正は高い技術力が必要な矯正治療なため、表面治療より1.5倍ほど費用が高くなります。

 

  • ・表面矯正:全体矯正60〜100万円、部分矯正30~70万円
  • ・裏側矯正:全体矯正100~150万円、部分矯正40~70万円

 

基本的に歯科矯正は保険適用外なので、全額自己負担で行います。

 

そのため、少しでも治療費の負担を抑えて歯の矯正をしたいのなら、表面矯正を検討してみましょう。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

3.表側矯正のデメリット

表側矯正のデメリット

表面矯正にはさまざまなメリットがありますが、デメリットになる部分があるのも事実です。

 

  • ・矯正装置が目立ちやすい
  • ・食べ物が詰まりやすい

 

ここでは表面矯正のデメリットを詳しく解説します。歯科矯正は一度始めると長期間矯正具を装着したまま生活します。

 

そのため、始めてから後悔しないよう、メリットもデメリットもしっかり把握しておきましょう。

3-1.矯正装置が目立ちやすい

表側矯正は歯の表面に矯正具を取り付けるため、裏側矯正と比べて目立ちやすいデメリットがあります。

 

歯の矯正治療は1年〜2年はかかるので、その間はずっと矯正具は付けたままです。

 

そのため、見た目が気になったり、周囲に知られたくなかったりする人には、表面矯正は不向きといえるでしょう。

3-2.食べ物が詰まりやすい

表面矯正は、歯に矯正具を付けているため、食べ物が詰まりやすくなるデメリットがあります。

 

裏側矯正より見えやすいため、丁寧に歯磨きをすれば取れやすくはありますが、食べ物が引っかかる感覚は多少不快感を覚える人もいるでしょう。

 

しかし、その点は表面矯正をするうえで避けることができないのがデメリットといえます。

 

そのため、表面矯正をするのなら、鏡を持ち歩き食後はすぐに食べ物の詰まりをチェックできるようにしておきましょう。

 

そして歯磨きセットも持ち歩いて、上手に矯正具と付き合うことが大切です。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

4.表側矯正を目立たないようにもできる

表面矯正の最大のデメリットは金属の矯正具が目立ちすぎることです。

 

しかし、表面矯正には金属の矯正具以外のものを取り扱う歯科医院もあります。

 

  • ・審美ブラケット
  • ・白色のワイヤー

 

ここでは目立ちにくい矯正具について解説します。表面矯正をしたいけど見た目がイヤという人は、ぜひチェックしてください。

4-1.審美ブラケット

審美ブラケットとは、プラスチックやセラミックで作られたブラケットのことです。

 

一般的な金属製のブラケットと異なり、透明や白色で目立ちにくい特徴があります。

 

審美ブラケットの特徴

  • ・目立ちにくい
  • ・細菌が付着しにくい
  • ・変色や色素沈着がほとんどない
  • ・アレルギーにならない

 

審美ブラケットは、細菌や汚れなどが付きにくい構造をしているため、口内を衛生的に保てます。

 

ただし、金属製より多少強度が落ちるため、強い衝撃が加わると割れてしまう恐れがあるでしょう。

 

また、一般的な金属製の矯正具より、費用は高額になる点にも注意が必要です。

4-2.白色のワイヤー

白色のワイヤーは、矯正ワイヤーを白色でコーティングして目立ちにくくしたものです。

 

ホワイトワイヤーとも呼ばれ、金属製のワイヤーより目立たないため、表面矯正の見た目を軽減したい人におすすめです。

 

また、ブラケットも白や透明のものに変えれば、より矯正具が目立たなくなります。

 

ただし、白色ワイヤーは大きくわけて2種類あり、特徴を知ってきちんと選択することが大切です。

 

  • ・銀色のワイヤーを白く塗装したもの:歯磨きなどの刺激で塗装が剥げる
  • ・ロジウムコーティング:非常に丈夫で塗装が剥げることがない

 

銀色のワイヤーを白く塗装しただけのものは、耐久性に問題があります。

 

使用中に少しずつ塗料が剥げて銀色の部分が出てくると、かえって見た目が悪くなる恐れもあるため、白色ワイヤーを使いたいのならロジウムコーティングがおすすめです。

 

金属製のワイヤーより、多少費用はかかりますが、長期間見た目を気にしながら過ごすよりは精神的にラクになるでしょう。

\自分にぴったりのプランを見つける/

5.表側矯正の費用相場や治療期間

表面矯正は安くはありませんが、ほかの歯科矯正に比べると費用を抑えて治療ができます下記に表面矯正でかかる費用と治療期間をまとめました。

 

 

費用相場・全体矯正:60〜100万円

・部分矯正:30~70万円

治療期間・全体矯正:1~2年程度

・部分矯正:5か月〜1年程度

 

部分矯正とは、前歯のみなど、気になるところだけを矯正する治療です。

 

全体を矯正するより費用を抑えられるため、予算があまりない人におすすめです。

 

治療期間は症状によって大きく異なります。歯並びが悪いとその分治療には長期間かかるので、治療期間の目安が知りたい人は、初回カウンセリングで医師に確認しておきましょう。

6.目立たないように歯列矯正をするならウィ・スマイル矯正がおすすめ

表面矯正は長い歴史があり、一般的な歯列矯正として、もっとも利用者が多い治療法です。

 

幅広い症状に対応ができるため、歯並びが悪くても治療ができる可能性があります。

 

ただし、歯の表面に矯正具を装着するため、見た目が気になって一歩踏み出せない人もいるでしょう。

 

そのような人には、ウィ・スマイルのマウスピース矯正がおすすめです。

 

ウィ・スマイル矯正とは、マウスピース矯正を考えている患者さんと全国のクリニックをおつなぎする「ポータルサイトの名称」です。

 

「ウィ・スマイル矯正」というマウスピース装置が存在するわけではなく、カウンセリングの上で、その医院が提供している適切なマウスピース矯正をお選びいただくことになります。

 

ウィ・スマイル矯正なら、透明の目立たない矯正具なため、人目を気にすることなく歯並びを改善できます。

 

自分で取り外しもできるため、歯磨きや大事なシーンで矯正具が邪魔になることもありません。

 

ウィ・スマイル矯正なら月額1,760円(税込)からお試しもできます。

 

一般的な歯科医院だと通院するたびに調整料や保定管理料が必要ですが、ウィ・スマイル矯正なら無料で対応してもらえる点も大きな魅力です。

 

LINEで質問や相談もできるため、疑問や不安もすぐに解消できます。

 

自分にあう歯列矯正で悩んでいる人は、気軽に相談ができるウィ・スマイル矯正を検討してみましょう。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

関連記事

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら