ブログ

ブログ

マウスピース矯正のインビザライン、キレイラインの違いは?

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

歯並びを改善する部分矯正の相場は?矯正装置別の費用と治療期間

歯列矯正は行いたいけれど、矯正治療中の見た目が気になる…

仕事などで人前に立つことが多いため、矯正治療を躊躇してしまう…

など、歯列矯正のために歯に装置を付けることが、矯正期間の生活に影響を与えるのではないかと不安や悩みを抱える人は少なくありません。

 

そんな方に注目を浴びているのが、マウスピース矯正。

矯正装置として透明なマウスピースを使用するため、矯正治療中でも見た目に目立たないのが特徴です。

ただ、マウスピース矯正と一言で言っても、種類が多くあります。

種類によって、矯正方法、矯正適応範囲、価格などそれぞれに異なるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

今回はそんなマウスピース矯正の中でも人気の高い「インビザライン」と「キレイライン」について、具体的にどのようなものなのか、その特徴やメリットに加え、注意点などを説明していきます。

1.マウスピース矯正と他の歯科矯正治療の違い

矯正中の虫歯を予防する方法5選

マウスピース矯正は具体的にどのような治療なのでしょうか。

他の治療方法との違いに注目しながら紹介します。

1-1.マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、透明のマウスピース型の矯正装置を装着して、少しずつ歯を移動させる矯正方法です。

歯科矯正治療において、代表的な方法の1つ。

 

一般的には治療に使われるマウスピースは、全て歯科技工士が手作りし、患者に合わせたオーダーメイドのものが使われます。

歯が動くたびに歯型を採取し、次のアライナーと呼ばれるマウスピースへ付け替えながら理想の歯列へ矯正していきます。

 

しかし、マウスピース矯正にも複数の方法があります。

「インビザライン」や「キレイライン」が代表的な手法です。

他にもアソアライナー、クリアアライナーなどがあります。

毎回歯型を採取しないタイプの矯正方法もあり、メリットデメリットはさまざまです。

1-2.ワイヤー矯正・裏側矯正とは

ワイヤー矯正とは、歯にブラケットを装着してワイヤーを通すことで歯列を矯正する方法です。

ブラケットを歯の表側に装着する方法を「ワイヤー矯正」、歯の裏側にブラケットを装着する方法を「裏側矯正」と言います。

 

ワイヤー矯正はマウスピース矯正よりも古くから、矯正治療に利用されてきました。

ワイヤー矯正、裏側矯正いずれもマウスピース矯正以外の歯科矯正方法の代表的な方法です。

ワイヤー矯正では歯の表面にブラケットをつけるため、矯正していることが周りからも気付かれやすいですが、裏側矯正ではあまり装置が目立たないという特徴があります。

 

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

2.マウスピース矯正に共通するメリット

マウスピース矯正で顔の印象は変わる?

マウスピース矯正におけるメリットはどのような点があるでしょうか。

2-1.目立ちにくく審美性が高い

マウスピース型の矯正装置は、マウスピースの透明度が高いため、周りから歯科矯正中と気付かれにくいのが特徴です。

ワイヤー矯正のように、装置が目立つことなく、治療を進められます

 

人前に立つ際などには、取り外しておくことも可能です。

自分で簡単に着脱できます。

そのため、社会人や矯正中だと知られたくない人に人気が高い矯正方法です。

2-2.口内環境を衛生的に保ちやすい

マウスピース矯正は、矯正前と同じ口内の衛生状態を保ちやすいのもメリットの一つです。

食事の際は矯正装置を外して食事ができます。

ワイヤー矯正の場合は自分で取り外しができないため、装置に食べ物が挟まりやすいのが難点ですが、マウスピースは取り外せば矯正前と同じように食べられます。

 

歯磨きの際にも矯正装置を外して行えば、ケアが簡単です。

ワイヤー矯正は装置を外せないため、歯磨き時には特別なケアが必要で、虫歯や歯周病などに気を付けなければいけないこともあります。

ただし、取り外した場合は、装着し忘れに注意する必要はあります。

マウスピースの種類により、最低装着時間は少し異なることがありますが、1日約20時間以上の装着時間が理想です。

 

また、マウスピースが柔らかい素材でできているため、口腔内を傷つけにくいのもメリットと言えるでしょう。

ワイヤー矯正装置は金属の器具を用いるため、装置が口内に接触することによって傷や口内炎を発症することがあるからです。

 

虫歯治療やホワイトニングなどと並行できるのも、マウスピース治療のメリット。

ワイヤー矯正は矯正中に虫歯治療ができない場合があり、ホワイトニング治療は並行できません。

 

その他、金属アレルギーを持っている方はワイヤー矯正、裏側矯正ができない方もいます。

アレルギーに反応しにくい金属の装置ではありますが、人によっては反応することがあるからです。

そのような方にもマウスピース矯正は可能です。

3.マウスピース矯正「インビザライン」とは

マウスピース矯正ができない3つのケース

マウスピース矯正の中でも人気が高いのが「インビザライン」です。

どのような特徴があるのか、またメリットや注意点について紹介します。

3-1.インビザラインの特徴

インビザラインとは、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)を使った治療法のことです。

世界では圧倒的ナンバーワンのシェア率を誇る矯正方法です。

初回の歯型採取の段階で歯型を3Dで再現し、緻密な治療計画を立てます。

3Dデータによる高精度なシミュレーションが可能です。

 

光学スキャナによるレーザー光線で、歯型のデータを採取することが一般的です。

アメリカのアライン・テクノロジー社が作製するマウスピース型矯正装置を利用します。

一般的なインビザラインの治療は、次の全6ステップで行われます。

 

1.歯列や咬み合わせのデータの採取

2.3Dモデルの作成

3.3Dモデルによるシミュレーションと治療計画の立案

4.マウスピース型矯正装置の作成

5.治療開始(矯正装置は一定期間経過後に入れ替える)

6.治療完了と保定の開始

 

インビザラインでは、歯にアタッチメントという装置を付けることで幅広い症例の対応が可能になりました。

 

治療法は症状によって、以下の2種類に大別されます。

 

①インビザライン・ライトパッケージ

7ヶ月以内に完了する治療が対象のパッケージです。

軽度の症例に適応され、価格を押さえながら治療ができます。

 

②インビザライン・コンプリヘンシブパッケージ

奥歯を含む全体的な矯正が対象です。

多くの症例に適応されます。

3-2.インビザラインのメリット

従来のマウスピース矯正と比べると治療費用・時間的な負担が少ないのがインビザラインのメリットです。

歯型の採取は最初の1回しか行いません。

 

そのため、来院間隔が通常のマウスピース矯正よりも広いです。

通常のマウスピース矯正では2週間~1ヶ月に1回程度が一般的ですが、インビザラインは2~3ヶ月に1回程度。

 

また、子どもや抜歯症例にも適応しやすいです。

従来のマウスピース矯正よりも、全顎矯正に適しています。

 

全ての矯正装置はアメリカの工場で生産されるため、矯正装置の精度・品質も高水準で一定な点もメリットです。

従来のマウスピース型矯正装置は、歯科技工士が手作業で製作するため、技術スキルや能力に左右されやすいですが、インビザラインは工場生産のため、全て一定に、高水準のものが作れます。

 

その他、治療開始前から治療期間を把握できる点も利点の1つでしょう。

従来のマウスピース矯正では治療期間の予測が難しかったところもありましたが、インビザラインではシミュレーションによる精密な治療計画を立てられるからです。

その精密なシミュレーションに沿った、再現性の高い矯正装置を着用できます。

3-3.インビザラインの注意点

メリットの多いインビザラインですが、注意点もあります。

 

まず、インビザラインに適応できないケースがある点です。

歯並びや口の状態によっては、適応されないことがあります。

 

また、インビザラインを取り扱っている医療機関で治療を受ける必要がある点も注意が必要です。

インビザラインの設備とシステムを習得したドクターが在籍する歯科医院でなければ、治療が受けられません。

従来のマウスピース矯正と比べると、該当する医院数は少ないことが懸念点と言えるでしょう。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

4.マウスピース矯正「キレイライン」とは

全顎矯正

「キレイライン」というマウスピース矯正も人気の高い矯正方法です。

その特徴やメリット、注意点などを見ていきましょう。

4-1.キレイラインの特徴

キレイラインは、前歯周辺の歯列をきれいに見せるためのマウスピース矯正方法です。

原則、上下の前歯12本(部分矯正)が矯正治療の対象となります。

前歯から犬歯にかける軽度の歯並びの矯正治療が主としています。

 

・歯並びの凹凸(叢生・ガタガタな歯並び)

・出っ歯

・受け口

・八重歯

・前歯だけのすきっ歯

などの比較的軽度の不正咬合治療がメインとなります。

 

2組のマウスピース型矯正装置を使用し、交換の度に毎回治療計画を更新します。

ハードとソフトのマウスピース型矯正装置を交互に装着するのが特徴です。

4-2.キレイラインのメリット

キレイラインのメリットは、従来のマウスピース矯正と比べると治療費用が安い点です。

初回は2万円、目安の費用は23.1~41.8万円です。

簡単な症例であればインビザラインよりも安く治療できます。

4-3.キレイラインの注意点

キレイラインの注意点は、コストパフォーマンスが悪くなるケースがあることです。

マウスピース数の増加や拡大装置などが必要になると、コストの優位性がなくなるため、他の治療と比較検討する必要があります。

複雑な治療や症状が重度の治療には不向きという理由からです。

そのため、最初に必要なマウスピースの枚数を把握し、自身の症状には本当にキレイラインが適しているのかどうか検討してみましょう。

 

適応範囲が狭いこともキレイラインの注意点です。

基本的に前歯中心の軽度な症状の矯正を前提としているためです。

奥歯を含めた全顎矯正には適応できないことがあります。

5.マウスピース矯正の「インビザライン」と「キレイライン」の比較

インビザライン

ここまで紹介した、「インビザライン」と「キレイライン」について、適応範囲、治療方法の違いなど、項目ごとに比較していきます。

5-1.適応範囲の違い

5-1.適応範囲の違い

キレイラインは基本的に前歯中心の軽度な症状の矯正に向いています。

 

それに対し、インビザラインは幅広い症例の歯列矯正治療が可能です。

抜歯を伴う症例や奥歯を含めた咬み合わせの改善などにも適応しています。

キレイライン+αの治療が可能ということです。

 

このように適応症例に違いがあるため、自身の症例にはどちらの治療が向いているのか検討することが大切です。

5-2.治療方法の違い

インビザラインは矯正を始める際に、すべてのマウスピースを製作するのが特徴です。

それに対し、キレイラインは矯正中に都度歯型を採取して、マウスピース型矯正装置を製作します。

5-3.治療期間の違い

治療期間にも違いがあります。

一般的にキレイラインのほうが治療期間は短めです。

5ヶ月~1年3ヶ月程度が目安です。

この期間の短さは、比較的軽度の症例を対象としているためです。

 

それに対し、インビザラインは2~3年程度とされています。

ただし、ライトパッケージであれば1年未満で治療を完了できます。

5-4.治療可能な年齢の違い

治療可能な年齢の違いもあります。

キレイラインの対象年齢は男性が16歳以上、女性は14歳以上です

前歯の歯根が完成されていることが、治療の条件であるためです。

 

インビザラインは、乳歯と永久歯が混在している状況でも治療可能です。

6~7歳程度からもインビザラインを使った治療ができます。

 

こう比べると、キレイラインのほうが治療できる年齢が2倍以上遅めであることが分かりますね。

6.価格と信頼性で選ぶならウィ・スマイル矯正がおすすめ

マウスピース矯正を短期間で終えるポイント

インビザラインやキレイラインのマウスピース矯正の特徴やメリットなどを紹介しましたが、マウスピース矯正には他にも種類があります。

できるだけ価格を抑えてリーズナブルに、かつ安心して治療に挑みたいという場合は、ウィ・スマイル矯正も選択肢の一つになるでしょう。

ウィ・スマイル矯正とはどのような矯正方法なのか紹介していきます。

6-1.ウィ・スマイル矯正とは

ウィ・スマイル矯正は、インビザライン、キレイラインと同じマウスピース矯正の治療法の1つです。

ウィ・スマイル矯正とは、マウスピース矯正を考えている患者さんと全国のクリニックをおつなぎする「ポータルサイトの名称」です。

 

「ウィ・スマイル矯正」というマウスピース装置が存在するわけではなく、カウンセリングの上で、その医院が提供している適切なマウスピース矯正をお選びいただくことになります。

事前に理想の歯並びにするための高精度の治療計画を立ててから治療を行います。

 

治療期間は約3~11ヶ月。

部分矯正から全顎矯正まで対応可能です。

6-2.ウィ・スマイル矯正のメリットと注意点

矯正は基本的に自費診療で、保険の適応がありません。

そのため、矯正にどのくらいの費用がかかるのか心配な方も多いでしょう。

 

その点において、ウィ・スマイル矯正は料金体系が明確です。

まず、毎月の調整料と保定管理料は無料。

通院回数1回、4回、8回、12回、18回、24回のコースを用意しており、それぞれのコースごとに矯正費用が決まっています。

 

例えば、4回通院した場合、合計10万7,800円で、月額1,760円~。

治療前に治療全体にかかる費用の総額が分かっていれば安心できますね。

 

また、他院で対応できないと言われたケースに対応する難症例コースもございます。

こちらは別途お見積もりとなります。

 

注意点は、症例によってウィ・スマイル矯正が適応されないケースもある点です。

自分の症状の場合、ウィ・スマイル矯正は適応されるのか、事前に検査やカウンセリング等で確認する必要があります。

 

アンカーテキスト:ウィ・スマイルの料金について詳しくはこちら

URL:https://we-smile.jp/price/

7. マウスピース矯正の方法はさまざま!比較検討し自身に合った矯正方法を見つけよう

マウスピース矯正は、見た目に目立たせずに矯正治療を行いたい方、治療前と同じような生活を送りたい方へ、おすすめの矯正方法です。

そのマウスピース矯正には、たくさんの種類があり、それぞれの治療法によって特徴が異なります。

 

このように矯正治療には、ワイヤー矯正、裏側矯正を含めて、さまざまな方法があります。

自身の歯列の状態から、満足のいく歯並びになるためにはどのような矯正方法が合っているのか、クリニックで相談に乗ってもらうといいでしょう。

ただし、クリニックによっては対応していない矯正方法もあります。

希望する治療法に対応している歯科医院なのか、また歯科医師の治療実績等も参考にしながら、安心して治療を任せられるクリニックを選びましょう。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

関連記事

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら