ブログ

ブログ

マウスピース矯正で歯が動く仕組みを解説!アタッチメントについても紹介

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

マウスピース矯正で歯が動く仕組みを解説!アタッチメントについても紹介

マウスピース矯正は目立ちにくい透明のマウスピースを装着して歯列矯正できるので、周りから気づかれずに歯並びを整えたい方から注目されています。しかし、マウスピースを装着するだけでなぜ歯が動くのか、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、マウスピース矯正で歯が動く仕組みやマウスピース矯正の流れなどを解説します。また、マウスピース矯正で歯の動きを補助するアタッチメントやゴムかけとはどのようなものかお伝えします。マウスピース矯正を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

1.マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、アライナーと呼ばれる透明なマウスピース型の矯正装置を装着して歯並びを整えていく矯正方法です。ワイヤーやブラケットを使う矯正方法に比べると、矯正器具が目立ちにくいため、周りに気づかれずに歯列矯正できます。人と接する機会が多い職業の方など、これまで見た目を気にして歯列矯正ができなかった方にも向いている治療法です。

 

また、自由に取り外せることもワイヤー矯正との大きな違いです。食事中や歯磨きをするときに取り外せるため、邪魔になることがありません。歯磨きするときに取り外せばしっかりと磨けるため、虫歯や歯周病予防にもなります。とはいえ、マウスピースは1日に20時間以上装着しておく必要があるため、いつでも自由に取り外していては治療計画通りに歯が動かない可能性があります。基本的に食事や歯磨き以外のときは装着しておくことになります。

 

また、マウスピースは金属を使用していないため、金属アレルギーの方も矯正しやすいことが特長です。これまで歯列矯正を諦めていた方も歯列矯正に踏み切れるでしょう。

 

マウスピース矯正については別の記事でも解説しているので、ぜひご覧ください。

 

マウスピース矯正とは?マウスピース矯正の効果や治療期間・費用も紹介

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

2.マウスピース矯正で歯が動く仕組み

マウスピース矯正で歯が動く仕組み

歯列矯正治療は、歯に少しずつ力をかけることで歯並びを整えていきます。マウスピースで歯が動く仕組みは、ワイヤー矯正と同じ原理です。マウスピース矯正は以下のことを繰り返すことで、徐々に歯が動いていきます。

 

  • ・歯に矯正する力がかかる
  • ・歯が動く分のスペースができる
  • ・歯根膜が元の厚みに戻ろうとする

 

それぞれ詳しく解説していきます。

2-1.歯に矯正する力がかかる

歯の周りには歯を支えるための骨があり、骨と歯根の間には、歯根膜があります。歯根膜とは弾力のある薄い膜で、歯にかかる力を緩和するクッションのような役割です。食事のときも歯根膜が歯にかかる衝撃を和らげており、歯を動かすときも歯根膜が大切な働きをします。

 

マウスピース矯正は、実際の歯型から最終的な仕上がりにいたるまでをシミュレートし、現在の歯列からゴールの歯列に向けて数十個のマウスピースを作ります。それぞれのマウスピースは、現在の歯列より少しずつ理想に近づけた形なので、歯に矯正する力がかかり、その力が歯の根を覆う「歯根膜」に伝わります。

2-2.歯が動く分のスペースができる

歯に矯正力がかかると、歯が動く方向側の歯根膜は圧迫されて縮み、反対側は引っ張られて引き伸ばされます。歯根膜の厚さが変わると歯根膜に接している歯槽骨にも変化が生じます。

 

縮んだ歯根膜は骨を溶かす細胞の働きでスペースを作り出すため、そのスペースに歯が移動します。一方、引き伸ばされた歯根膜は骨を作る細胞が出てくるため、歯が移動してできた隙間を埋めていきます。

2-3.歯根膜が元の厚みに戻ろうとする

歯根膜には、一定の厚さをキープしようとする性質があります。歯に力がかかることで歯根膜の厚さが変わると、歯根膜に接している骨を溶かす細胞と骨を作る細胞が作用するため、歯根膜が元の厚みに戻ります。マウスピースを交換するたびにこの働きが繰り返されるため、歯は少しずつ動いてきます。

 

このようにマウスピース矯正は、歯に少しずつ力をかけて骨ができるのを待つことを繰り返し、歯を動かしていく治療法です。1ヶ月に動かせるのは0.5~1ミリほどといわれているため、マウスピースを交換しながら歯を徐々に移動させていき、最終的に理想の歯並びへと矯正していきます。

\自分にぴったりのプランを見つける/

3.マウスピース矯正をする流れ

マウスピース矯正をする流れ

マウスピース矯正は次の流れでおこないます。

 

  • ・シミュレーションを作成する
  • ・マウスピースを作成する
  • ・定期的にマウスピースを交換する

3-1.シミュレーションを作成する

初回はカウンセリング後に口腔内診査やエックス線(レントゲン)撮影などで歯並びを検診し、治療期間や治療回数、費用など詳しい説明があります。それから現在の歯型をデータ化し、理想の歯並びまでの動きをシミュレーションして治療計画を立案します。

3-2.マウスピースを作成する

歯の動きのシミュレーションを作成したら、マウスピースを作成します。歯を少しずつ動かしていくために、形状が少しずつ違うマウスピースが複数必要です。

 

マウスピースの製造過程は医院や製造元によって異なり、治療完了までのマウスピースを一括して作成する場合もあれば、通院ごとに歯型を採取して新しいマウスピースを作成する場合もあります。

3-3.定期的にマウスピースを交換する

治療期間中は、現在の歯並びとは少しズレがあるマウスピースを1日20時間以上装着することで、歯を少しずつ動かしていきます。マウスピースは自由に取り外せますが、1日の装着時間が短すぎると治療計画通りに歯が動かないため、しっかり自己管理が必要です。

 

マウスピースは少しずつ理想の歯並びに近づくよう、定期的に交換していきます。マウスピースを交換したとき、最初は窮屈さを感じますが、歯が動くため数日たてば違和感なくはまるようになるでしょう。

 

治療後は移動した歯がまだ安定しておらず、元の位置に戻ろうとしてしまうため、後戻りを防ぐために保定装置(リテーナー)の装着が必要になります。

 

アライナー矯正の流れについては別の記事でも詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

 

アライナー矯正の特徴や治療の流れ|知っておきたい注意点

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

4.アタッチメントとは

マウスピース矯正は「アタッチメント」と呼ばれる突起物を歯の表面につけることがあります。歯に近い色なのでそれほど目立つわけではありませんが、「せっかく透明で目立たないマウスピース矯正をしているのに。」と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

アタッチメントを取り付けるのには、次の目的があります。

4-1.アタッチメントで歯の動きを微調整する

アタッチメントは歯にかかる力を微調整する効果があります。アタッチメントの形状やつける位置、個数によってマウスピースの矯正力をコントロールし、歯の動きを助けます。

 

軽度な矯正や、単純な動きのみが必要な場合はアタッチメントなしでマウスピース矯正できることもありますが、根っこからの傾斜や歯のねじれなど複雑な動きが必要なときはアタッチメントを使用するのが一般的です。

 

また、アタッチメントには歯とマウスピースのフィット感を高める役割もあります。マウスピースを歯面にしっかり密着させるため、歯から浮かないように固定させられます。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

5.ゴムかけとは

歯列矯正は、矯正の途中で「ゴムかけ」をおこなうことがあります。ゴムかけとは、ゴムの弾性を利用して歯が移動する力を助け、噛み合わせを調整する方法です。ゴムかけには顎間ゴムやエラスティックと呼ばれる医療用の小さなゴムを使用し、上下の矯正器具につけたフックに引っ掛けて使用します。

 

ゴムかけは、ある程度歯並びが整ってから噛み合わせを改善するためにおこなうことが多いため、治療の中盤から終わりにかけてのタイミングでおこなうことが多いです。

 

口を開いたときにゴムが見えることで矯正していることがわかり、残念に思う方もいらっしゃるでしょうが、ゴムかけとマウスピースを併用することで、きれいな歯列へ矯正しやすくなります。

 

ゴムはマウスピースと同様に食事や歯磨き以外の時間は基本的に装着する必要があります。つけ忘れてしまうと治療効果が上がらないので、忘れないようにしておきましょう。

 

また、ゴムは使い捨てなので、毎日新しいゴムに取り換える必要があります。睡眠中は口内に雑菌がたまりやすいため、取り換えるタイミングは就寝前がよいでしょう。

 

ゴムかけで使用するゴムは症状によって異なり、以下の種類があります。

 

  • ・2級ゴム
  • ・3級ゴム
  • ・クロスゴム
  • ・垂直ゴム

 

それぞれの特長を解説します。

5-1.2級ゴム

2級ゴムは、出っ歯や「上顎前突」と呼ばれる上顎の歯列が前へ突き出ている症状の治療に使用します。上の歯は前から3番目の犬歯付近、下の歯は前から6番目の第一大臼歯付近にかけることで、上顎の歯列を後ろへと動かすのを助けます。

5-2.3級ゴム

3級ゴムは2級ゴムとは反対の症状で、受け口やしゃくれと呼ばれる下顎前突の治療に使用します。2級ゴムとは上下が真逆の位置にゴムを装着するため、上の歯は前から6番目の第一大臼歯付近、下の歯は前から3番目の犬歯付近にかけることで、上の歯を前へ、下の歯を後ろへ動かすのを助けます。

5-3.クロスゴム

クロスゴムは「交叉(こうさ)ゴム」とも呼ばれ、交叉咬合(こうさこうごう)の治療に使用します。交叉咬合とは、歯が歯並びの途中で交差し、うまく噛み合わない状態のことです。上下の同じ歯にクロスするように表側と裏側にかけます。

 

噛み合わせの面にゴムがあるため、最初は違和感が強いかもしれません。しかし、装着しているうちに徐々に慣れてくるはずです。

5-4.垂直ゴム

垂直ゴムは開咬(かいこう)の治療に使用します。開咬とは奥歯をしっかり噛んだとき、前歯に隙間があき、上下が噛み合わない状態です。オープンバイトとも呼ばれ、食べ物を上手に噛み切れないデメリットがあります。

 

垂直ゴムは上下の歯が縦に引っ張るように垂直にかけます。噛み合わせない歯列がしっかり閉じるように動くのを助けます。

\自分にぴったりのプランを見つける/

6.歯科矯正における歯の動かし方

歯科矯正での歯の動かし方には次のような種類があります。矯正治療では、複数の動かし方を組み合わせて歯を動かしていきます。

6-1.水平移動

水平移動は歯冠(歯の頭の部分)を歯の根とともに水平に移動させ、歯と歯の隙間をなくすように動かします。歯を並行に並ばせるために矯正治療で多く用いる動かし方です。

6-2.傾斜移動

歯の根はあまり動かさず、歯冠を動かします。水平移動と組み合わせることで、きれいな歯並びへと動かします。傾斜移動はマウスピース矯正に向いている動かし方です。

6-3.歯根移動

歯冠はあまり動かさず、主に歯の根を動かします。トルキングとも呼ばれます。歯根移動のような動かし方は歯体移動とも呼ばれており、抜歯して動かす場合にはこの移動が主になります。

6-4.その他の動かし方(回転・圧下・延出)

歯科矯正は、ほかにもいくつかの動かし方があります。回転は、歯の軸に沿って歯を回転させ、ねじれて生えている歯の向きを治す動かし方です。歯の支点に対してうまく回転力をかける必要があります。

 

圧下は、出ている歯を引っ込めるために骨のほうに沈み込ませる動かし方です。ほかの動かし方に比べると難しいため高度な技術が必要になります。

 

一方、延出は圧下の反対で、歯根を引っ張り出すように上方向に動かす方法です。延出は比較的動かしやすい方向です。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

7.マウスピース矯正はウィ・スマイルがおすすめ

マウスピースにはさまざまなメーカーがあるため、症状や予算にあわせて選ぶことが大切です。

 

ウィ・スマイル矯正とは、マウスピース矯正を考えている患者さんと全国のクリニックをおつなぎする「ポータルサイトの名称」です。

 

「ウィ・スマイル矯正」というマウスピース装置が存在するわけではなく、カウンセリングの上で、その医院が提供している適切なマウスピース矯正をお選びいただくことになります。

 

ウィ・スマイル矯正には以下のような特長があるので、マウスピース矯正をお考えの方におすすめです。

7-1.最短1回のお試しプランがある

マウスピース矯正には比較的リーズナブルなコースもあるとはいえ、一般的な虫歯治療に比べると高額です。まずは装着感などを試してみたいと考える方も多いのではないでしょうか。

 

ウィ・スマイル矯正は、毎月30名限定で1回お試しプランを設けています。料金は税込1,650円(初回診断料は別途)なので気軽に試せるでしょう。お試し後にほかのプランへの移行が可能ですが、もしイメージと違えば1回で終了できます。

 

リーズナブルな料金で試してみて、自分に合った矯正方法か確認し、納得した上でマウスピース矯正を始められます。

 

ウィ・スマイル矯正は治療期間を相談できて、4回コースは月額1,760円(分割手数料は別)~で始められます。治療期間や料金が気になる方も安心して始められるでしょう。

7-2.透明で目立ちにくい

マウスピースは透明なのでワイヤー型矯正に比べると周りから気づかれずに歯列矯正できることが大きなメリットです。

 

また、マウスピース矯正は歯に適切な圧力をかけるなどの目的でアタッチメントを歯に接着します。歯とほぼ同じ色なのでさほど目立たないものの、突起があるので数が多い場合は目立ってしまいます。

 

ウィ・スマイル矯正はアタッチメントをそれほど必要としない構造なので、数を大幅に減らせることも目立ちにくい理由です。

7-3.幅広い歯並びに対応している

ウィ・スマイル矯正は、前歯部だけでなく、奥歯を含めた歯並び全体を治療できます。対応できる歯並びは「すきっ歯」「受け口」「中心がずれた歯並び」「ガタガタした歯並び」「噛み合わせが深い」「前歯が閉じない」「出っ歯」などです。

 

矯正歯科医師の審査診断の結果によっては適応できないケースもありますが、上記のような幅広い症例を整えられる可能性があります。

 

また、マウスピース矯正は、軽度の歯並びの崩れを改善するために開発されたものなので、適応できないケースも多く発生します。そこでウィ・スマイル矯正は矯正力を高めるために「カットライン」の構造を工夫しています。

 

カットラインとはマウスピースの分割線のことで、メーカーによって異なります。ウィ・スマイル矯正はカットラインが2ミリ長くなっていることが特長で、マウスピース型矯正歯科装置の矯正力を高めています。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

8.マウスピース矯正の仕組みに関するよくある質問

8-1.マウスピース矯正で歯が動く仕組みを教えてください

マウスピースで歯が動く仕組みは、ワイヤー矯正と同じ原理です。マウスピース矯正は以下のことを繰り返すことで、徐々に歯が動いていきます。

 

  • ・歯に矯正する力がかかる
  • ・歯が動く分のスペースができる
  • ・歯根膜が元の厚みに戻ろうとする

 

詳しくはこちらをご覧ください。

8-2.マウスピース矯正はどれくらいの期間付けますか?

歯の状態や症状にもよりますが、ウィ・スマイルのマウスピース矯正は最短3ヶ月で治療可能です。

 

費用も抑えて治療できるので、ぜひご検討ください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

8-3.マウスピース矯正でどのくらい歯は動きますか?

マウスピース矯正は約1~2週間で新しいものに取り替え、その1枚で動かすのは約0.25mm~0.35mmずつが基本です。

 

そのため、ワイヤー矯正と比べて痛みを感じにくいという方が多いです。

9.まとめ

マウスピース矯正で歯が動くのは、歯根膜が一定の厚さを保とうとする性質が関係しています。マウスピースを定期的に交換していくことで歯を少しずつ動かし、最終的には理想的な歯並びに矯正していきます。

 

治療を開始する前に現在の歯型から理想の歯並びをシミュレーションするので、治療後のイメージを確認できて安心です。

 

ウィ・スマイル矯正は幅広い歯並びに対応しています。1回お試しプランもあるので、マウスピース矯正が自分に合う方法なのか気になる方もぜひ試してみてください。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

関連記事

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら