ブログ

ブログ

子どものマウスピース矯正とは?金額や期間、嫌がってしまう場合の対処法

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

子どものマウスピース矯正とは?金額や期間、嫌がってしまう場合の対処法

子どもの歯列矯正はワイヤー矯正が主流でしたが、最近はマウスピース矯正を選ぶ方も増えています。「マウスピース矯正とはどのようなもの?」「大人の矯正とは何が違うの?」など気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、子どものマウスピース矯正の特徴やメリット・デメリット、費用相場や治療期間など詳しく解説します。お子さんの歯並びが気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

1.子どものマウスピース矯正とは

子どものマウスピース矯正とは

子どものマウスピース矯正は、将来的にきれいな歯並びで生えそろうためにおこないます。一般的には乳歯と永久歯が混在する6歳から12歳に1期治療がおこなわれます。

1-1.子どもがマウスピース矯正する目的

子どものマウスピース矯正は、顎の成長を促して口の周りの筋肉を正しく使えるようにトレーニングするのが目的です。

 

将来生えてくる永久歯が不正咬合をおこさないよう十分なスペースを確保するためにおこないます。現在の歯並びを治すことが目的ではありません。

 

子どものうちに骨格や歯並びを正しくしておくことで、将来の抜歯の可能性を軽減できます。

1-2.大人とは治療目的が異なる

子どものマウスピース矯正は、大人のものとは治療目的が異なります。大人のマウスピース矯正は、現在の歯並びをきれいに整えることが目的です。一方、子どものマウスピース矯正は将来の歯並び、つまり今後生え揃う永久歯の歯並びが整うための土台作りが目的です。現在の歯並びや噛み合わせを整えることが目的ではありません。

 

大人の場合は骨格が完成しているため、歯を動かすのに時間がかかります。また、抜歯が必要になることもあります。しかし子どもの顎は成長途中なので、骨がまだやわらかく、大人に比べると歯が動きやすいことが特徴です。

 

下顎の成長を促したり、上顎の成長を抑えて歯が前に出ないよう防いだりなど、大人になってからではできない治療をおこなえます。適切な治療開始の時期を逃さないようにしておきましょう。

 

大人のマウスピース矯正については別の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

 

マウスピース矯正とは?マウスピース矯正の効果や治療期間・費用も紹介

\自分にぴったりのプランを見つける/

2.子どもの悪習癖の改善に活用できる?

指しゃぶりや口呼吸、舌癖などは、歯並びに悪い影響を与える悪習癖です。舌癖とは無意識のうちに上の歯と下の歯で舌を噛む、正しくない位置に舌を置く、舌を歯に押し付けるなどの癖です。

 

このような悪習癖は、歯並びを悪くする原因になるため注意が必要です。また、せっかく歯並びの矯正をしても、舌癖によって元の歯並びに戻る可能性もあります。マウスピース矯正は、指しゃぶりや口呼吸などの悪習癖を改善するために活用できます。

2-1.悪習癖を放置した場合

永久歯の歯並びに悪影響を与える悪習癖は、放置しないようにしておきましょう。たとえば指しゃぶりが3歳以降も続く場合、前歯が前方に傾いたり突出したりして、出っ歯や口ゴボの原因になることがあります。また、指しゃぶりを放置すると口呼吸になったり、口の中が乾燥して細菌やウイルスに感染しやすくなったりするデメリットもあります。

 

赤ちゃんの指しゃぶりは問題ありませんが、3歳以降も指しゃぶりが続く場合は、やめるように促しましょう。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

3.子どもがマウスピース矯正をするメリット

子どもがマウスピース矯正をするメリット

子どものマウスピース矯正には、さまざまなメリットがあります。大人になってからでなく、子どものうちにマウスピース矯正しておくことの主なメリットには以下のことがあります。

3-1.口の周りの筋肉を鍛えられる

子どもがマウスピース矯正すると口の周りの筋肉を鍛えられるメリットがあります。近年は昔と比べてやわらかい食事が増えました。あまり噛まなくてもいい食事は、口の周りの筋肉がつかなかったり、顎の発達が未熟になったりする原因になります。

 

口の周りの筋肉は、歯並びに影響します。また、顎が発達しなければ、歯が生える場所が足りなくなるため、歯並びが悪くなります。マウスピース矯正によって、口の周りの筋肉を鍛え、顎の発達を促すため、永久歯がきれいに整って生えそろいやすくなります。

3-2.口呼吸にならないようにできる

口呼吸は常に口が開いているため、口周りの筋肉が低下します。顎が発達しにくくなり、骨格がゆがむ原因になりかねません。「上下の歯が正しく噛み合わない」「歯並びが悪い」などの悪影響を及ぼします。

 

マウスピース矯正をすると口周りの筋肉を鍛えられるため、口を閉じやすくなり、口呼吸にならないようにできるメリットがあります。

 

口呼吸は口の中が乾燥しやすいため、細菌が繁殖しやすい環境です。虫歯や口臭の原因にもなります。また、口呼吸をやめて鼻呼吸すれば、鼻の中の毛が異物の侵入を防ぐため、細菌やウイルスが体内に入るのを防げます。

 

口呼吸にはデメリットが多いため、マウスピース矯正で鼻呼吸できるように促しましょう。

3-3.大人より痛みが少ない

子どもの顎は成長途中なので、大人に比べると骨がやわらかく、歯が動きやすいです。骨がやわらかいことで、大人の歯列矯正より痛みが少ないこともメリットの一つです。大人の歯列矯正は抜歯が必要になることもありますが、子どものうちに歯列矯正しておけば、きれいな骨格や歯並びになるよう促せるため、将来抜歯が必要になるリスクを減らせます。

3-4.正常な発育を促せる

顎や骨格は子どもの頃の早い時期にほぼ完了します。マウスピース矯正で舌や口周りの筋肉を鍛えられるため、顎の正常な発達を促せます。顎の成長を促すことで、歯並びがきれいになるだけでなく、顔の発育にも良い影響があります。

 

歯並びが顔つきに影響を及ぼすと、将来コンプレックスになってしまうかもしれません。マウスピース矯正で骨格のゆがみを正しておけば、顔の発育にも良い影響を与えられます。

3-5.元の歯並びに戻りにくい

子どものマウスピース矯正はトレーニングで舌癖を改善する効果があるため、元の歯並びに戻りにくいこともメリットの一つです。

 

せっかく矯正しても舌癖が悪いと元の歯並びに戻る可能性があります。マウスピース矯正によって正しい舌の位置を意識できるようになるため、舌の悪習癖をなくして矯正後の後戻りを防げます。

\自分にぴったりのプランを見つける/

4.子どものマウスピース矯正で失敗しないために

子どものマウスピース矯正は、顎の発達時期だからこそできるものです。大人とは違い、顎の骨がまだやわらかいため、痛みが少なく効果的にトレーニングできます。子どものマウスピース矯正で失敗しないための注意点を確認しておきましょう。

4-1.親御さんの目配り・気配りが欠かせない

子どものマウスピース矯正を成功させるには、親御さんの目配り・気配りが欠かせません。マウスピースの装着時間は大人のものと比べると短いですが、毎日決められた時間は装着しておかなくてはいけません。

 

口の中に装着するため違和感があり、トレーニングを休みたくなる子どももいるでしょうが、装着時間が短いと期待した効果が得られません。マウスピース矯正は子どもに任せきりにせず、親御さんが一緒に取り組むことが重要なポイントです。子どものやる気が増すように褒めながら、トレーニングを続けましょう。

4-2.大人用の歯列矯正が必要になることもある

子どものマウスピース矯正で治療を完了できる子どももいるものの、すべての子どもがマウスピース矯正だけで永久歯のきれいな歯並びを実現できるわけではありません。顎の成長などには個人差があるため、大人になって矯正治療が必要になることもあります。

 

ただし、子どもの頃から早期に治療を始めていれば、大人用の歯列矯正が必要になった場合でも、治療期間が短くすむことが多いです。また、大人の矯正は抜歯を伴うことがありますが、子どもの頃からマウスピース矯正を始めていれば、抜歯の可能性が少なくなります。

 

マウスピース矯正の失敗例については、こちらの記事もご覧ください。

 

マウスピース矯正の失敗例11選!失敗しないようにする方法も徹底解説

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

5.子どもがマウスピース矯正を始められる時期

子どもの歯科矯正治療には、1期治療と2期治療があります。1期治療は6歳〜12歳頃の乳歯と永久歯が混在する「混合歯列期」におこないます。顎の成長を活用して、永久歯がきれいに生える土台作りをおこないます。

 

中学生や高校生から始める場合は2期治療になります。こちらは大人と同じく永久歯を動かして歯並びを整えることを目的とした治療です。子どもの歯科矯正治療は一般的に1期治療からおこないますが、受け口治療は早くから始めたほうがよいといわれるため、3歳から利用できるマウスピース矯正もあります。

 

大人になってから矯正を始めると、すでに顎の骨が完成しているため歯が動きにくく、強い痛みを伴うこともあります。抜歯が必要になることもあり、通院期間も長くなってしまうでしょう。

 

子どもの顎の骨はまだ成長途中なので、やわらかくて歯が動きやすいことが特徴です。お子さんの歯並びが気になる方は、前歯が生え変わり始める7歳頃には矯正歯科で相談してみることをおすすめします。

6.子どものマウスピース矯正にかかる金額と期間

子どものマウスピース矯正にかかる費用相場は5万円〜50万円です。また、治療にかかる期間の目安は1〜3年です。費用や治療期間は、症状やクリニックによっても異なります。

 

マウスピース矯正にかかる費用や期間については、別の記事でも詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

 

マウスピース矯正とは?マウスピース矯正の効果や治療期間・費用も紹介

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

7.どのような子にマウスピース矯正はおすすめ?

「うちの子どもはマウスピース矯正をしたほうがいいのかな?」と悩んでいる親御さんもいらっしゃるでしょう。マウスピース矯正は次のような症状の子どもにおすすめです。

7-1.嚙み合わせが深い

噛み合わせが深い過蓋咬合(かがいこうごう)」は、口を閉じると上の前歯が下の前歯を深く覆う状態です。そのままにしておくと顎の関節に痛みを生じたり、舌の前歯が上の前歯の内側の歯茎を傷つけるリスクがあります。

7-2.上下の嚙み合わせにズレがある

上下の噛み合わせにズレがある状態を「交叉咬合(こうさこうごう)」といいます。主な原因には、奥歯や前歯の生え方が悪いことや、顎の骨がバランス良く成長しなかったことなどが挙げられます。また、悪習癖が原因の場合もあるので注意が必要です。

 

放っておくと上下の顎の骨の変形症や顔の変形を引き起こすことがあるので、マウスピース矯正を始めたほうがよいでしょう。治療開始時期は、乳歯と永久歯が混在する6歳〜10歳頃がおすすめです。この時期に専門家の診断を受け、治療をスタートすれば、将来の噛み合わせが悪くなるのを防げます。永久歯の抜歯も防げるので、早めに検討を始めましょう。

7-3.歯並びの乱れが激しい

歯並びの乱れが激しい状態を「叢生(そうせい)」といい、「乱ぐい歯」と呼ばれることもあります。顎の大きさに対して歯が大きく、並ぶスペースが十分にない場合や、早い時期に乳歯が抜けてしまった場合、生え変わりの順番がスムーズではない場合など、さまざまな原因で歯並びが乱れることがあります。

 

歯並びの乱れが激しくて治療を受ける場合、顎を広げることから始めて永久歯がきれいに生え変わるスペースを確保します。そのため顎の成長が止まってしまう10歳頃までに矯正治療を始めるのが望ましいといわれています。

7-4.出っ歯になっている

下の歯より上の歯が大きく飛び出した「出っ歯」は「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。出っ歯は上の顎が前に出ている場合と歯だけが前に倒れている場合があります。

 

出っ歯になる原因には遺伝もありますが、おしゃぶりや指しゃぶりの期間が長く前歯を前に押し出してしまった場合、口呼吸で上顎が十分に発達せず歯が並ぶスペースが十分ではない場合なども出っ歯になりやすいです。6歳頃からマウスピース矯正を始めることで、出っ歯になる原因から治せます。

7-5.歯の隙間が大きい

奥歯を噛み締めても上の前歯と下の前歯の隙間が大きく開く状態を「開咬(かいこう)」といいます。隙間があるため前歯で食べ物を噛み切れません。前歯の間から舌が見えてしまうこともあります。

 

開咬は、歯が原因の場合と骨格が原因の場合があります。症状が進行すると顎の骨を切る手術が必要になる場合もあるため、早めに治療を始めたほうがよいでしょう。

7-6.受け口になっている

受け口は「反対咬合(はんたいこうごう)」「下顎前突(かがくぜんとつ)」などと呼ばれます。前歯は本来、上の歯が下の歯より前で噛み合わせますが、下の歯が上の歯より前で噛んでいる状態です。

 

成長途中の子どもは下顎の骨の成長をコントロールして改善できますが、成長とともに治療が難しくなっていくため、早めに矯正歯科へ相談したほうがよいでしょう。

\自分にぴったりのプランを見つける/

8.子どもがマウスピース矯正を嫌がる場合

マウスピース矯正は口の中に装着するものなので、嫌がる子どももいるでしょう。子どもがマウスピース矯正を嫌がる場合、治療を進めるのが難しくなります。しかし、無理につけさせようとすると歯医者嫌いになる恐れがあるため、無理強いはやめましょう。

 

まずはマウスピース矯正が必要な理由を話してみることをおすすめします。矯正しないことで「顔の形が変わるかもしれない」「しゃべりにくくなる」「虫歯になりやすい」などのデメリットを話せば、納得して前向きに取り組めるようになるかもしれません。

 

また、ほかの子どもも矯正治療を受けていることを伝えると効果的な場合があります。自分だけではないと知り、安心する子どももいます。

 

または1日の装着時間を短めにして、慣れたら徐々に装着時間を長くするなど、子どものペースに合わせながら矯正を始める方法もあります。マウスピースをつけられたときは褒めてあげることも大切です。褒められるとモチベーションアップにつながるでしょう。

9.医療費控除も活用しよう

歯列矯正は基本的に自費診療となりますが、症状によっては医療費控除の対象になることがあります。

 

国税庁のホームページには「医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例」の項目の中に、歯の治療に伴う費用が医療費控除の対象となるかの判断として以下のような記載があります。

 

(2)発育段階にある子どもの成長を阻害しないようにするためにおこなう不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける方の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。しかし、同じ歯列矯正でも、容貌を美化するための費用は、医療費控除の対象になりません。

 

参考:国税庁「No.1128 医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例

 

マウスピース矯正の費用相場には幅があるため、高額になるケースもあります。子どもの不正咬合の歯列矯正は医療費控除の対象になる可能性が高いため、活用して少しでも出費を抑えましょう。

10.ウィ・スマイルのマウスピース矯正がおすすめ

マウスピース矯正は、ウィ・スマイルがおすすめです。クリニックによって対応が異なるため、お子さんの乳歯が残っている場合は申し込みの際にお尋ねください。

 

ウィ・スマイル矯正とは、マウスピース矯正を考えている患者さんと全国のクリニックをおつなぎする「ポータルサイトの名称」です。

 

「ウィ・スマイル矯正」というマウスピース装置が存在するわけではなく、カウンセリングの上で、その医院が提供している適切なマウスピース矯正をお選びいただくことになります。

10-1.リーズナブルな価格

歯科矯正は高額なイメージをお持ちの方も多いと思われます。ウィ・スマイル矯正の平均治療費は、10万7,800円〜31万3,500円です。4回コースの場合は月額1,760円(分割手数料は別)〜なので、無理のない費用で治療が可能です。

 

また、一般的には通院のたびに調整料がかかり、治療終了後は保定管理料が必要になります。しかし、ウィ・スマイルではこれらの料金が治療費に含まれているため、来院するたびに治療費が膨らんでいくことはありません。

10-2.目立ちにくい

ウィ・スマイル矯正はマウスピースが目立ちにくいことも大きな特徴です。マウスピース矯正に使う矯正装置は透明なので、どのブランドも目立ちにくいことが特徴ですが、光沢があるため光の当たり方によっては反射して目立つことがあります。

 

ウィ・スマイル矯正では表面に特殊な光沢防止加工を施しているため、光の反射を防いで可能な限り目立ちにくくしています。また、マウスピース矯正は歯にアタッチメントと呼ばれる樹脂を装着してから装置を口にはめます。アタッチメントは歯と同色ですが、突起物なので数が多いと目立つことがあります。ウィ・スマイルはアタッチメントにそれほど頼らない構造なので、数を大幅に減らせることが特徴です。

 

突起物の数が少ないことで、会話中や笑ったときもマウスピースを付けていることが目立ちにくいです。治療中の見た目が気になる方には、ウィ・スマイル矯正がおすすめです。

10-3.口腔内スキャン装置を利用した精度が高い治療

ウィ・スマイル矯正は、3Dシミュレーション「口腔内スキャン装置」の利用と矯正歯科医師の診査診断を併用しておこなうため、精度の高い治療が可能です。口腔内スキャン装置は膨大な情報から、高い精度で適切な治療法を導き出し、マウスピースを製作します。

 

治療を始める前に治療後の歯並びをシミュレーションし、矯正歯科医師と一緒に理想の歯並びのデザインが可能です。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

11.子どものマウスピース矯正に関するよくある質問

11-1.子どものマウスピース矯正は大人と違いますか?

子どものマウスピース矯正は、大人のものとは治療目的が異なります。大人のマウスピース矯正は、現在の歯並びをきれいに整えることが目的です。

 

一方、子どものマウスピース矯正は将来の歯並び、つまり今後生え揃う永久歯の歯並びが整うための土台作りが目的です。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

11-2.子どものマウスピース矯正で気をつけることは?

子どものマウスピース矯正では、以下の2点に気をつけてください。

 

  • ・親御さんの目配り・気配りが欠かせない
  • ・大人用の歯列矯正が必要になることもある

 

詳しくはこちらをご覧ください。

11-3.おすすめのマウスピース矯正はありますか?

マウスピース矯正は、ウィ・スマイルがおすすめです。

 

リーズナブルな価格で、目立ちにくく、精度も高いため、人気のマウスピース矯正です。気になる方はお気軽にお問い合わせください。

 

LINEでのお問い合わせはこちら

{
“@context”: “https://schema.org”,
“@type”: “FAQPage”,
“mainEntity”: [
{
“@type”: “Question”,
“name”: “子どものマウスピース矯正は大人と違いますか?”,
“acceptedAnswer”: {
“@type”: “Answer”,
“text”: “

子どものマウスピース矯正は、大人のものとは治療目的が異なります。大人のマウスピース矯正は、現在の歯並びをきれいに整えることが目的です。

 

一方、子どものマウスピース矯正は将来の歯並び、つまり今後生え揃う永久歯の歯並びが整うための土台作りが目的です。

 

詳しくはこちらをご覧ください。


}
},
{
“@type”: “Question”,
“name”: “子どものマウスピース矯正で気をつけることは?”,
“acceptedAnswer”: {
“@type”: “Answer”,
“text”: “

子どものマウスピース矯正では、以下の2点に気をつけてください。

 

  • 親御さんの目配り・気配りが欠かせない
  • 大人用の歯列矯正が必要になることもある

 

詳しくはこちらをご覧ください。


}
},
{
“@type”: “Question”,
“name”: “おすすめのマウスピース矯正はありますか?”,
“acceptedAnswer”: {
“@type”: “Answer”,
“text”: “

マウスピース矯正は、ウィ・スマイルがおすすめです。

 

リーズナブルな価格で、目立ちにくく、精度も高いため、人気のマウスピース矯正です。気になる方はお気軽にお問い合わせください。

 

LINEでのお問い合わせはこちら


}
}
]
}

12.まとめ

お子さんの歯並びが気になっても「まだ矯正は早いかも?」「もう少し様子を見てから検討しよう」と思う方もいらっしゃるでしょう。または子どもに痛そうな歯科矯正をさせるのはかわいそうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、子どもの歯科矯正の目的は大人のものとは異なります。

 

顎の骨が成長途中で、骨がやわらかい時期に矯正を始めることには多くのメリットがあります。

 

歯科矯正に最適な時期を逃さないように、まずはお近くのクリニックで相談してみてください。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

関連記事

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら