ブログ

ブログ

抜歯後にマウスピースはいつからつけられる?装着は痛い?

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

マウスピース矯正に抜歯は必要?抜歯なしでマウスピース矯正する方法も紹介

歯列矯正をするときに、抜歯が必要になる場合が少なくありません。抜歯には矯正の仕上がりがよくなるメリットがあるものの、できるだけ健康な歯を抜きたくないと思う方が多いのではないでしょうか。

 

マウスピース矯正の場合、抜歯の必要性は歯並びの状態によって異なります。抜歯が必要になる場合もありますが、抜歯なしでの矯正も可能です。抜歯が必要かどうかは歯科矯正医師が診察して判断するため、まずは相談してみることをおすすめします。

 

本記事では、矯正で抜歯が必要になるケースや、抜歯ありでマウスピース矯正ができる症例、抜歯なしでマウスピース矯正する方法をご紹介します。マウスピース矯正に抜歯が必要か気になる方は、ぜひ参考にしてください。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

1.マウスピース矯正に抜歯は必要?

マウスピース矯正は抜歯をすることなく歯列矯正できます。どちらかといえば、マウスピース矯正は抜歯を伴う矯正に向いていません。

 

マウスピース矯正が得意なのは、歯根を動かさずに歯茎から見えている歯冠を動かす傾斜移動です。歯根ごと水平に移動させる動きは苦手なので、抜歯して歯の位置を大きく移動させる矯正はマウスピース矯正に向いていません。

 

しかし歯の移動量が少なく、傾斜移動でも改善が見込める場合は、抜歯をともなうマウスピース矯正が可能です。歯科医師に抜歯が必要と診断された場合は、抜歯ありの矯正になります。

 

ただし、抜歯が必要になるどのような症例でもマウスピース矯正で対応できるわけではありません。適応症例はワイヤー矯正の方が多いため、マウスピース矯正では対応できない症例もあります。

 

抜歯をしない矯正については別の記事で詳しく解説しているので、こちらもご覧ください。

 

歯並びの矯正は抜歯する必要がある?非抜歯矯正との違いと選択基準

2.矯正で抜歯が必要になるケース

矯正で抜歯が必要になるケース

矯正には抜歯が必要なイメージがあるかもしれませんが、必ずしも抜歯が必要なわけではありません。しかし抜歯しないと矯正がうまくいかないケースもあります。主に以下のようなケースは抜歯が必要です。

 

  • ・矯正するための隙間がない
  • ・上下の噛み合わせが悪い
  • ・親知らずで歯並びが悪い

 

それぞれ詳しく解説していきます。

2-1.矯正するための隙間がない

顎の大きさに対して歯が大きすぎる場合、歯がきれいに並ぶスペースがないため歯と歯が部分的に重なってしまうことがあります。そのまま矯正しても歯が正しい位置に並ぶための隙間がないため、抜歯によるスペースの確保が必要になります。

 

顎が大きい場合は歯列を広げられますが、顎が小さい人は歯列を広げることが難しいため、抜歯して空間を作り、歯の位置を動かすことになります。

2-2.上下の嚙み合わせが悪い

出っ歯(上顎前突)で上下の噛み合わせが悪い場合も抜歯が必要になることがあります。前に出ている前歯を後ろに動かしていく処置が必要ですが、移動させるための十分なスペースがない場合、空間確保のために抜歯が必要です。

2-3.親知らずで歯並びが悪い

真っすぐ生えずに横向きや斜め向きに生えた親知らずはほかの歯を押してしまうため、親知らずのせいで歯並びが悪くなることがあります。その場合、親知らずを抜くことでほかの歯への影響をなくし、矯正もスムーズに進められる場合があります。

 

親知らずは埋まったままの場合もあり、矯正の邪魔になることもあるため矯正を始めるときに抜歯することは珍しくありません。親知らずの抜歯によってスペースができるため、矯正にはメリットがあります。

2-4.そのまま矯正すると口元がきれいな形にならない

抜歯せずに矯正すると、空間がない場所に歯をむりやり並べることになるため、口元が盛り上がってしまうことがあります。矯正してきれいな歯並びになると口元に自信が持てるはずですが、歯並びはきれいでも口元が出てしまうと満足度が下がる可能性があります。

 

横顔は鼻の先と顎の先を結んだ線「Eライン」の上か、少し内側に唇があるのが美しいといわれています。抜歯せずに矯正すると、歯並びはきれいになっても横顔のシルエットがきれいにならないかもしれません。そのような状態を防ぐため、抜歯をおこなって歯列を無理なく引っ込めます。

\自分にぴったりのプランを見つける/

3.抜歯が必要でもマウスピース矯正はできる?

抜歯が必要でもマウスピース矯正はできる?

抜歯が必要な歯並びでもマウスピース矯正はできます。しかし、抜歯が必要なすべてのケースでマウスピース矯正が可能なわけではありません。

 

歯の動かし方にはいくつかの種類がありますが、マウスピース矯正は歯を水平に動かす歯体移動(水平移動)が得意ではありません。抜歯して大きなスペースができる場合や、重度の叢生(凸凹の歯並び)など歯の移動量が多くなる場合、マウスピース矯正は難しいです。

 

抜歯をともなうマウスピース矯正をおこなうときは、以下のことに注意しておきましょう。

3-1.抜歯すると矯正期間も延びる

抜歯なしでも可能な矯正は歯の移動量が少ないため、比較的短期間で治療が完了します。しかし、抜歯する場合は歯を大きく動かすことになるため、矯正期間も延びて2〜3年かそれ以上かかることがあります。

 

矯正にかかる期間は症状によって異なります。どのくらいの期間かかるかは、歯科矯正医師から説明があるでしょう。また、マウスピースは1日20時間以上装着が必要です。

 

食事の際に取り外したまま装着を忘れるなどして装着時間が短い場合、矯正にかかる時間が長引きます。矯正にますます時間がかかるため、装着時間を守りましょう。

3-2.抜歯により費用が大きく変わることはない

抜歯したからといって、マウスピース矯正の費用が大きく変わることはありません。ただし、抜歯処置の費用はかかります。矯正のための抜歯は便宜抜歯になります。

 

重度の虫歯や歯周病などで抜歯する場合は保険適用されますが、便宜抜歯は保険適用されません。歯に問題があって抜歯するわけではないため基本的に自由診療となり、全額自己負担なので、費用が高額になることがあります。

3-3.抜歯後はすぐにマウスピースを装着する

抜歯した場所はスペースができるため、歯を動かしやすい状態です。抜歯した当日は出血があるため、一般的には抜歯の翌日から装着することが多いです。抜歯後は医師の指示に従って装着しましょう。

\自分にぴったりのプランを見つける/

4.抜歯ありでもマウスピース矯正ができる症例

抜歯ありでもマウスピース矯正ができる症例には次の3つがあります。

 

  • ・上顎前突(出っ歯)
  • ・反対咬合(受け口)
  • ・叢生(凹凸の激しい歯並び)

 

ただし、症状の度合いによってはマウスピース矯正で対応できないケースもあります。それぞれの特徴や、マウスピース矯正の方法を確認していきましょう。

4-1.上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)は、上の前歯や下の前歯より前方に飛び出している歯並びです。出っ歯は本人にとってコンプレックスになることもあり、笑顔に自信がもてない方もいらっしゃいます。

 

また、見た目だけの問題ではなく、口腔環境を悪化させるリスクがあります。口を閉じにくい場合、唾液が分泌されにくくなり、虫歯や歯周病、口臭の原因になってしまうからです。

さらに、前歯が突出しているため、何かにぶつかったときに折れてしまったり、口腔内を傷つけるリスクが高まります。出っ歯が気になる方は、マウスピース矯正すれば、見た目や口腔環境を改善できるでしょう。

 

出っ歯は軽度の場合、抜歯なしで矯正できることもありますが、大きく飛び出している場合は抜歯してからアタッチメントをつけてマウスピース矯正できる場合があります。ただし上顎が前に出ている場合は、抜歯してもマウスピース矯正では治せない場合があります。

4-2.反対咬合(受け口)

反対咬合(受け口)は俗に「しゃくれ」とも呼ばれ、下の歯が上の歯より前に出ている状態です。見た目が気になってしまったり、滑舌や発音に問題が出る場合があります。また噛み合わせが悪いため、十分に嚙み砕けず体に悪影響を及ぼすことがあります。

 

反対咬合(受け口)は、抜歯してから顎間ゴムを使用したマウスピース矯正で治療できる場合があります。上の歯は奥のほうの歯、下の歯は前歯にゴムをかけることで、歯の動きを補助します。

4-3.叢生(凹凸の激しい歯並び)

叢生(そうせい)とは歯が並ぶスペースが足りず、重なったりねじれて生えていたりして、デコボコに歯が並んだ状態のことです。不正咬合の中でも多い症例といわれています。

 

歯が重なっている部分は歯磨きしづらいため、磨き残しが出やすく、虫歯や歯周病になりやすいです。また、八重歯など外側にでいている歯が唇の内側を傷つけて口内炎ができやすいケースもあります。

 

叢生は歯がきれいに並ぶスペースがないため、抜歯してから顎間ゴムを使用したマウスピース矯正で治療できる場合があります。ガタガタの歯並びが原因で口元に自信が持てない方も多いので、マウスピース矯正できれいな歯並びを手に入れると見た目にも自信が持てるようになるでしょう。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

5.マウスピース矯正で抜歯するタイミング

マウスピース矯正で抜歯するタイミングは、歯並びや治療計画によって異なります。一般的にはマウスピースを装着する前か治療が少し進んだ頃におこないます。

 

親知らずは歯が動きにくくなる原因になるため、歯を動かしていく前に抜歯することがほとんどです。また、出っ歯やデコボコが激しい歯並びで抜歯が必要な場合、出っ歯は歯並びを整えたタイミングでの抜歯、デコボコが激しい歯並びは先に抜歯することが多いです。

 

抜歯が必要な場合、基本的に小臼歯を抜きます。小臼歯とは前から4番目の歯(第一小臼歯)と前から5番目の歯(第二臼歯)です。小臼歯は抜歯しても噛み合わせに大きな影響はないとされています。小臼歯を抜いてスペースを作れば、前歯を効率よく整えられます。一般的には第二臼歯を抜きますが、状態が悪い場合は第一小臼歯を抜歯します。

 

親知らずの抜歯については、別の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

 

歯列矯正で親知らずの抜歯は必須?歯並びに与える影響とリスクとは

6.抜歯なしでマウスピース矯正する方法

きれいな歯並びに矯正したくても、できれば健康な歯を抜きたくないと考える方もいらっしゃるでしょう。抜歯が必要な場合もありますが、抜歯以外でも以下の方法を取ればスペースを作れる場合があります。

 

  • ・臼歯を移動させる
  • ・歯列を横に拡大する
  • ・歯を並べる隙間を作る

 

抜歯なしでマウスピース矯正する方法をご紹介します。

6-1.臼歯を移動させる

臼歯を後方に移動させ、抜歯なしで歯を動かすスペースを作り出す方法があります。奥歯をさらに奥に移動させることによって前歯を動かす空間を確保できます。

 

奥歯をさらに後方に移動させるには、親知らずがないことが条件です。ワイヤー矯正は歯を奥に移動させることが苦手ですが、マウスピース矯正は得意とする動かし方です。

 

奥歯を順に奥に移動させるため、治療に時間がかかりますが、抜歯なしでスペースを作り出せます。

6-2.歯列を横に拡大する

大人の顎の骨は成長期の子どものように横に広げることはできません。しかし、歯が埋まっている歯槽骨の形を変えることで横に拡大できます。歯列を横に拡大させれば、歯が並ぶスペースを作り出せます。

 

マウスピース矯正で歯に矯正力を加えると歯槽骨の形が変わるため、歯列を横に拡大させることは可能です。ただし、重度の叢生には適さない場合が多いです。

6-3.歯を並べる隙間を作る

「IPR(InterProximal Reduction)」と呼ばれる歯と歯の間を薄く削りスペースを作る方法があります。

 

歯1本あたりの削る量はわずかですが、何本も削ることによって歯を動かすスペースが確保できるため、抜歯しなくても歯を並べる隙間を作れます。軽度の症例であれば、抜歯をせずにIPRでマウスピース矯正をおこなうことが多いです。

 

IPRはマウスピース矯正ではよく用いられる処置です。健康な歯を削ることに不安を感じる方もいらっしゃるでしょうが、削る量はわずか0.1〜0.3ミリ程度です。エナメル質は約1〜2ミリなので、大半は残ります。削ることによって虫歯になるリスクが上がることはなく、削るときの痛みもありません。

\自分にぴったりのプランを見つける/

7.マウスピース矯正はウィ・スマイルがおすすめ

マウスピース矯正はウィ・スマイルがおすすめです。ウィ・スマイル矯正とは、マウスピース矯正を考えている患者さんと全国のクリニックをおつなぎする「ポータルサイトの名称」です。

 

「ウィ・スマイル矯正」というマウスピース装置が存在するわけではなく、カウンセリングの上で、その医院が提供している適切なマウスピース矯正をお選びいただくことになります。

 

ウィ・スマイルのおすすめポイントを3つご紹介します。

7-1.治療期間を相談しながら決められる

ウィ・スマイルは治療期間を矯正歯科医師と相談しながら決められます。治療期間には個人差がありますが、平均動的期間は3〜11ヶ月です。治療プランは最短1回で、4回・8回・12回・18回・24回・難症例コースから選択できます。

 

1回のプランとはお試しコースのことで、マウスピースがどのようなものか実際に装着して試せます。治療を開始する前にマウスピースを試して装着感を試してみたい方におすすめです。1回お試しコースは毎月30名限定で、料金は1,650円(初診料は別途必要)です。

 

治療期間が長いほど歯は大きく動きますが、軽度の歯並びの崩れであれば短期間でも歯並びは整います。短期間の治療プランを選べることもウィ・スマイルのメリットです。

 

また、最近は結婚式までにきれいな歯並びにする方が増えています。ウィ・スマイルにはブライダル・パーティープランがあるので、結婚式までにきれいな口元にしたい方におすすめです。結婚式やパーティーの数ヶ月前から治療を始める場合は、気になる部分を優先的に整え、ある程度改善した状態で当日臨めます。

 

マウスピース矯正は自分自身で自由に取り外せるので、結婚式やパーティーの当日は装置を外して臨めます。結婚式やパーティー後も治療を続けることで、きれいな歯並びを手に入れられます。

 

大人の歯列矯正は一般的に1〜3年かかるので、長期間かかることがネックとなって諦めていた方もいるでしょうが、ウィ・スマイルは治療期間を相談しながら決められるので気軽に治療に臨めるでしょう。

7-2.金銭的負担を極力抑えられる

従来の矯正治療は100万円以上かかるのが一般的だったため、歯列矯正は費用が高いイメージをお持ちの方が多いでしょう。しかし、ウィ・スマイルは金銭的負担を極力抑えながら矯正できます。

 

ウィ・スマイルが低価格を実現できるのは、大手マウスピースメーカーに大量発注して単価を大幅に下げているからです。また、マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べて人件費を大幅に抑えられるため、価格に還元して適正価格で提供していることも低価格の理由です。

 

マウスピース矯正は相談料・検査料・診断料が通常3万円〜5万円ほどかかりますが、ウィ・スマイルは0円〜(費用は医院によって異なります)です。

 

治療中にかかる毎月の調整料や治療後の定期的な保定管理料は治療費に含まれているため、追加費用はかかりません。来院のたびに治療総額がかさむこともないため安心です。

ウィ・スマイルは月額1,760円〜(4回コースの場合)始められるので、治療総額が高いことで矯正を諦めていた方にもおすすめです。

7-3.治療後の歯並びをシミュレーションできる

歯列矯正をするときは、治療後にどのような歯並びになるか確認しておきたい方が多いのではないでしょうか。ウィ・スマイルは口腔内スキャン装置を使い、治療開始前に治療後の歯並びをシミュレーションできます。

 

また、歯科矯正医師と話し合って決めることも可能です。治療前に治療後の状態を確認できるため、安心して治療に臨めるでしょう。

 

マウスピースを作成するときは歯の形を取る必要がありますが、ウィ・スマイルは口腔内スキャン装置を利用して型取りします。不快感を軽減できるので、型取りが苦手な方も安心です。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

8.マウスピースの抜歯に関するよくある質問

8-1.マウスピース矯正で抜歯するのはいつですか?

マウスピース矯正で抜歯が必要になる場合には、主にマウスピースの装着前か治療が少し進んだ頃におこないます。

 

抜歯する場合には、基本的に小臼歯を抜きます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

8-2.抜歯なしでマウスピース矯正する方法を教えてください

抜歯以外にも以下の方法であれば歯の間のスペースを作れることもあります。しかし、どうしても抜歯が必要になることもあります。

 

  • ・臼歯を移動させる
  • ・歯列を横に拡大する
  • ・歯を並べる隙間を作る

 

詳しくはこちらをご覧ください。

8-3.おすすめのマウスピース矯正を教えてください

おすすめのマウスピース矯正は「ウィ・スマイル」です。

 

治療期間を相談しながら決められ、金銭的負担も極力抑えることができます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

{
“@context”: “https://schema.org”,
“@type”: “FAQPage”,
“mainEntity”: [
{
“@type”: “Question”,
“name”: “マウスピース矯正で抜歯するのはいつですか?”,
“acceptedAnswer”: {
“@type”: “Answer”,
“text”: “

マウスピース矯正で抜歯が必要になる場合には、主にマウスピースの装着前か治療が少し進んだ頃におこないます。

 

抜歯する場合には、基本的に小臼歯を抜きます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。


}
},
{
“@type”: “Question”,
“name”: “抜歯なしでマウスピース矯正する方法を教えてください”,
“acceptedAnswer”: {
“@type”: “Answer”,
“text”: “

 

  • 臼歯を移動させる
  • 歯列を横に拡大する
  • 歯を並べる隙間を作る

 

詳しくはこちらをご覧ください。


}
},
{
“@type”: “Question”,
“name”: “おすすめのマウスピース矯正を教えてください”,
“acceptedAnswer”: {
“@type”: “Answer”,
“text”: “

おすすめのマウスピース矯正は「ウィ・スマイル」です。

 

治療期間を相談しながら決められ、金銭的負担も極力抑えることができます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。


}
}
]
}

9.まとめ

マウスピース矯正はもともと抜歯をともなう歯列矯正に向いていないとされていましたが、近年は技術の進歩により抜歯が必要な矯正にも対応できるようになりました。

 

できるだけ抜歯せずに矯正したい方も多いでしょうが、歯の状態によっては抜歯しないときれいな歯並びに改善しないケースもあります。しかし、抜歯しなくても歯が移動するスペースを作り出すことも可能です。

 

抜歯が必要かどうかは歯科矯正医師が診察して判断します。抜歯なしでも矯正できる可能性はあるので、まずは矯正歯科で相談してみましょう。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

関連記事

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら