ブログ

ブログ

歯科矯正(矯正歯科治療)とは?種類や費用、治療期間の目安

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

口ゴボや出っ歯とほうれい線の関係「まとめ」

「もっと歯並びがきれいだったら・・・」

「歯列矯正って高いんだろうな」

 

自分の歯並びにコンプレックスがあり、自分に自信が持てないという悩みを持つ方がいらっしゃいます。面接に不安を感じる学生さんや、接客業の方にとっては精神的な負担になることもあります。しかし、一般的には治療費が高額になることが多いため、なかなか歯科矯正に踏み切れない方もいます。

 

そこで当記事では、矯正歯科治療の装置に関する特徴やそれぞれの費用の目安についてご紹介します。また、治療によるメリットや治療を受ける際の注意点についてもわかりやすくご説明します。

1.歯科矯正と適正年齢

歯科矯正を受ける方には、人によってそれぞれの目的があります。これは審美性を目的とするケースと、噛み合わせなどの健康面の改善を目的とするケースです。また、矯正治療の適正年齢については、年齢や歯を支える骨の強さなどによっても異なります。

 

歯科矯正をお考えの方は、一度クリニックでのカウンセリングや相談をおすすめします。

1-1.歯科矯正とは

歯科矯正とは、悪い歯並びや噛み合わせを改善する治療です。治療の際は、専用の矯正装置で少しずつ歯を移動しながら歯並びを整えます。主な矯正方法は、マウスピース矯正・ワイヤー矯正・裏側矯正(舌側矯正)の3種類です。

 

基本的には患者さんが装置を選べますが、歯並びや噛み合わせの状態によっては希望の装置が適応しない可能性があります。

1-2.矯正歯科治療を行う年齢

矯正治療には年齢制限はありませんが、一般的には子ども~20歳前後に受ける方が多いです。この時期は小児矯正とも呼ばれる成長期でもあり、大人よりも歯槽骨が動かしやすいというメリットがあります。また、社会生活が始まる前のタイミングで歯並びを整えておきたいという大学生も多くなっています。

 

ただ、歯科矯正は年齢で制限されてしまう治療ではありません。診断によって、歯茎や骨の状態に問題がなければ、大人や高齢者であっても治療を受けることができますのでご安心ください。

2.歯科矯正の主な矯正装置の特徴

マウスピース矯正で顔の印象は変わる?

歯並びを整える矯正方法は、主にマウスピース矯正・ワイヤー矯正・裏側矯正の3種類に分けられます。それぞれに特徴があり、患者さんの希望や症状に合わせて矯正装置を選ぶことができます。ただし、装置によって異なるメリットやデメリットを理解した上で治療することが大切です。

2-1.マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、透明のマウスピース型(アライナー)の器具で歯並びを整える治療法です。歯並び全体を整えることもできますが、特に前歯だけなどの部分矯正に適しています。

 

治療の際には患者さんの歯型を取り、オーダーメイドでマウスピースを作製します。治療期間中は、約2週間~1ヶ月ごとに歯型を取り、新しいマウスピースに交換しながら歯を移動します。平均的な相場は10~100万円ほどですが、お口の状態や治療内容、または歯科医院によっても異なります。

 

矯正の範囲期間費用
マウスピース矯正上下・全体1年~3年80万円~100万円
マウスピース矯正上下・前歯中心5ヶ月~1年半10万円~70万円

※矯正歯科治療は原則的に自由診療なため、あくまでも費用の目安としてご確認ください。

 

2-1-1.マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正の一番のメリットは「目立たずに矯正治療を受けられる」という点です。また、簡単に取り外せるため、面接や結婚式などのイベントの際にもストレスがありません。さらに食事や歯磨きなども行いやすく、虫歯や歯周病のリスクを軽減できます。健康面においても、ワイヤー矯正のような金属アレルギーの心配がありません。

 

2-1-2.マウスピース矯正の注意点

マウスピースの力で歯を移動するため、1日20時間以上の装着が必要です。うっかり装着を忘れてしまった場合、後戻りをして治療期間が伸びてしまうこともあります。基本的には食事と歯磨きのタイミング以外は装着をしておくというイメージになります。

 

また、生活面においては以下のような点にも注意が必要です。

 

・歯ぎしりや食いしばりの癖があると破損する可能性がある

・装着したまま糖分が入った物を飲むと虫歯のリスクが高くなる

・歯並びや骨格の状態によっては適応しない可能性がある

2-2.ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、ワイヤーの力で歯列を整える矯正方法です。歯の表面にブラケットを装着し、金属製のワイヤーを通します。治療中は月に1度ほど通院し、歯の移動を確認しながらワイヤーを調整していきます。平均的な相場は20~100万円ほどですが、お口の状態や治療内容、または歯科医院によっても異なります。

 

矯正の範囲期間費用
ワイヤー矯正上下・全体1年~3年60万円~100万円
ワイヤー矯正上下・前歯中心1年前後20万円~40万円

※矯正歯科治療は原則的に自由診療なため、あくまでも費用の目安としてご確認ください。

 

2-2-1.ワイヤー矯正のメリット

ワイヤー矯正は、多くの症状を改善できる矯正方法です。噛み合わせの異常である不正咬合や、乱杭歯・叢生のような凸凹の乱れにも適応します。また、定期的に歯科医師がワイヤーを調整するため、その場の判断で柔軟な対応できる治療方法です。

 

2-2-2.ワイヤー矯正の注意点

ワイヤー矯正は装置を取り外すことができないため、以下のような注意点があります。

 

・歯磨きがしにくいため、虫歯や歯周病のリスクが高くなる

・硬いものなどを噛んで装置が外れてしまうことがある

・金属の矯正装置が目立って、審美性があまり良くない

 

見た目が気になる場合は、白色や透明の器具(審美ブラケット)で目立ちにくくすることも可能です。

2-3.裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正とは、ブラケットを歯の裏側に装着するワイヤー矯正です。装置が舌側にあるため、舌側矯正と呼ばれることもあります。平均的な相場は35~150万円ほどですが、お口の状態や治療内容、または歯科医院によっても異なります。

 

矯正の範囲期間費用
裏側矯正上下・全体1年~3年100万円~150万円
裏側矯正上下・前歯中心1年前後35万円~60万円

※矯正歯科治療は原則的に自由診療なため、あくまでも費用の目安としてご確認ください。

 

2-3-1.裏側矯正のメリット

歯を移動する方法はワイヤー矯正と同じなので、あらゆる歯並びの問題を改善できます。また、ワイヤー矯正なのに周りの目を気にせず治療できるというメリットがあります。

 

2-3-2.裏側矯正の注意点

裏側にブラケットを装着するため、以下のような注意点があります。

 

・通常のワイヤー矯正に比べて高額になる

・装置が当たって舌を傷つけてしまうことがある

・歯磨きがしにくいため、虫歯や歯周病のリスクが高くなる

・装置が舌側にあるため、滑舌に影響してしまう人がいる

3.歯科矯正する人が多い不正咬合の種類

マウスピース矯正ができない3つのケース

矯正歯科治療を受ける症状は、基本的には不正咬合が原因となっていることが多いです。その中でも主な原因となっている症状は以下の3つになります。矯正をお考えの方は、矯正歯科医とご相談の上で治療計画を立てることが大切です。

3-1.出っ歯(上顎前突)

出っ歯とは、上の前歯が前に突出している口元で、上顎前突(じょうがくぜんとつ)とも呼びます。出っ歯の原因は主に2種類あり、遺伝による先天性と癖や生活習慣による後天的な要因があげられます。後天的な要因とは、幼少期の長期的なおしゃぶりや口呼吸・舌で前歯を押し出す舌癖などです。

3-2.受け口(反対咬合)

受け口とは、上下の噛み合わせが反対になっている状態で、反対咬合(はんたいこうごう)と言います。本来の前歯は上の歯が下の歯よりも前にありますが、受け口の場合は逆になっています。骨格が原因となるしゃくれとは異なり、受け口は歯並びが原因で起こります。

3-3.八重歯・叢生(そうせい)

叢生は、デコボコに乱れている状態の歯並びで、乱杭歯(らんぐいば)とも呼ばれています。歯の並ぶ骨格のスペースが足りないことで、歯列から飛び出してしまっている状態です。特にいちばん最後に生え変わる犬歯(前から3番目)が突出する八重歯も叢生の一種です。

4.歯科矯正のメリット

歯科矯正のメリットは、歯並びはもちろん様々なメリットが期待できます。コンプレックスの解消にもつながりますし、身体的な不調が改善することもあります。ただし歯列矯正は、あくまでも不正咬合や歯並びの改善を目的としている治療です。

4-1.口元や横顔がきれいになる

歯科矯正によって歯並びが整うと、もっこりと盛り上がった口元が改善されてスッキリした印象になります。人によっては小顔に見えたり、横顔の印象も変わったという方もいらっしゃいます。

 

生活面においても、人前で笑うことが恥ずかしいというコンプレックスから解消される方が多いです。同時に自分の表情にも自信が持てるようになり、精神面の変化も期待できます。

4-2.歯周病・虫歯のリスクが小さくなる

不正咬合が改善されると歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが軽減できます。治療前には歯磨きが行き届かなかった場所も、矯正によってスムーズにケアできるようになるためです。また、矯正中の念入りなケアが習慣化して、自然と虫歯の予防につながるようになる方もいます。

4-3.顎や体全体の体調改善につながる

矯正治療によって、歯並びが改善されたことで身体的な健康にもつながる可能性があります。

 

噛み合わせが悪い方は、上下の歯がピッタリと噛み合うことができません。そのため、食べ物を細かく咀嚼できずに、胃腸などの消化器官に負担がかかるケースがあります。また、噛み合わせがずれていると、食事の際に片側だけで噛む癖がつきやすくなります。長期的に偏った力が加わり続けると、身体の歪みとして片頭痛や肩こりの原因になるとも考えられています。

5.歯科矯正の注意点

理想的な歯並びを目指す矯正治療

歯科矯正を受ける際は、メリットだけでなく注意点もあります。そのため、一般歯科よりも歯列矯正の経験が豊富な矯正歯科での治療をおすすめします。特に矯正治療の研修を受けた認定医や指導医がいる矯正専門のクリニックが安心です。

5-1.長期間の治療を必要とするケースがある

個人差がありますが、治療の内容によっては長期的な治療期間を必要とします。部分矯正であれば数ヶ月で終わることもありますが、全体矯正の中には数年を必要とする場合もあります。

治療が終わるまではどの治療方法であっても、矯正器具が装着されている状態です。審美的に見た目が気になる方は、就活や結婚式などが治療期間に重なるかもポイントになります。治療とイベントと重なってしまう場合には、取り外しが可能なマウスピース矯正がおすすめです。

5-2.治療費がかかる

矯正歯科治療は、治療の内容によって数万円~数百万円の治療費がかかります。治療費は、その都度ごとに支払うことが一般的のため、治療前には総額がわからないこともあります。

 

以下は、初診〜矯正中に発生する費用になります。

 

・カウンセリング料

・検査、診断料

・矯正装置料

・装置処置料(調整料)

 

以下は、矯正後にかかる費用になります。

 

・保定装置料(リテーナー)

・保定料

・保定観察料

・メンテナンス料

 

原則として歯科矯正は健康保険が適用されないため、歯科医院によっても費用は様々です。

5-3.後戻りの対策が必要

後戻りとは、矯正後の歯が治療前の歯並びに戻ってしまう症状です。移動して整えたばかりの歯は、しばらくの間は元の位置に戻ろうとする力が働きます。そのため、治療後の一定期間は保定装置(リテーナー)を装着して後戻りを防ぎます。リテーナーはご自身で取り外せますので、歯磨きや食事などの負担はありません。

5-4.健康な歯を抜歯しなければならないケースがある

お口の状態によっては、健康な歯であっても抜歯を必要とするケースがあります。特に歯を並べるためのスペースが確保できないと判断された場合に抜歯をします。一般的には第一小臼歯(犬歯のひとつ後ろ)が多いですが、症状によっては別の奥歯を抜歯することもあります。

6.ウィ・スマイル矯正とは

出っ歯はセルフケアではなく矯正治療で治せる

マウスピース矯正と聞くと、インビザラインという名称を思い浮かべるかもしれません。しかし現在では、世界中に様々なマウスピース矯正のメーカーがあります。その中でもウィ・スマイル矯正は比較的、新しい治療法の1つとして知られています。

 

ウィ・スマイル矯正とは、マウスピース矯正を考えている患者さんと全国のクリニックをおつなぎする「ポータルサイトの名称」です。

 

「ウィ・スマイル矯正」というマウスピース装置が存在するわけではなく、カウンセリングの上で、その医院が提供している適切なマウスピース矯正をお選びいただくことになります。

6-1.ウィ・スマイル矯正の特徴

ウィ・スマイルでは「口腔内スキャン装置」という3Dのシミュレーション機器で診断を行います。そのため、これまでのマウスピース矯正のように通院ごとに歯型を取る必要がありません。このように、ウィ・スマイルは理想とする歯並びを事前に計画し、患者さんごとの治療計画を立てやすいシステムです。

 

治療については部分矯正だけでなく、すきっ歯や出っ歯などのような全体的な改善も可能です。ただし、歯並びの状態によっては適応できないケースもあります。

6-2.ウィ・スマイル矯正の費用(自由診療)

ウィ・スマイル矯正は、予算に合わせて歯科矯正を受けることができます。特に一般的な通院時に発生する調整料や、治療後の保定管理料などが発生することもありません。また、以下のように費用面の計画を立てやすい支払いシステムを採用しています。

 

・1回コース:1,650円(毎月30名限定)

・4回コース:10.78万円

・8回コース:23.1万円

・12回コース:35.2万円

・18回コース:51.7万円
・24回コース:66万円

・難症例コース:別途お見積り

最短1回から24回まで、治療回数を都合に合わせて選ぶことができます。難症例コースでは、他院で対応できないと言われたケースでも対応いたします。(別途お見積りとなります)。歯科矯正を試してみたい方におすすめです。

7.矯正歯科治療の種類や費用について「まとめ」

手軽に始められる部分矯正で歯並びの悩みを解決しよう

歯科矯正を行うことによって、精神的にも身体的にも多くのメリットを手にすることができます。理想とする歯並びや口元はもちろん、コンプレックスの解消など素晴らしい治療です。その一方で、自分の症状に合った治療計画を立てることもポイントになります。

 

これから治療をお考えの方は、低価格や近いなどの理由でクリニックを選んでしまうのはおすすめできません。結果的に自分の休みが休診日だったり、なかなか予約が取りにくかったりすることもあります。スムーズに矯正治療を進めるためには、経験豊富な矯正歯科での受診をするようにしましょう。

関連記事

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら