ブログ

ブログ

口ゴボでも歯列矯正すればEラインは手に入る!治療の方法や費用を解説

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

口ゴボでも歯列矯正すればEラインは手に入る!治療の方法や費用を解説

「口ゴボは歯列矯正で治る?」

「本当にEラインは綺麗になる?」

 

口元が盛り上がっている口ゴボは目立つため、コンプレックスを持っている方も多いのではないでしょうか。口ゴボは見た目だけでなく、口内環境にも関係しています。

 

結論、口ゴボは歯列矯正で改善できる可能性があります。しかし、改善できる口ゴボは歯並びが起因している場合です。骨格が原因の場合は、セットバック整形と呼ばれる美容整形が必要になることがあるでしょう。

 

当記事では、口ゴボが治療できる歯列矯正の種類や、歯列矯正とセットバック整形のどちらがいいのかを解説しています。

 

口ゴボを改善し、美しいEラインを手に入れましょう。

 

ウィ・スマイル矯正なら1回のお試しが1,650円からできるので、気軽に申込できます。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

1.口ゴボでも歯列矯正でEラインは手に入るのか

口ゴボでも歯列矯正でEラインは手に入るのか

口ゴボの原因が歯並びの場合は、歯列矯正でEラインが手に入る可能性があります。なぜなら、Eラインが崩れる原因のほとんどが歯並びだからです。

Eラインは、鼻先と下あごを結ぶ直線上や、線の内側に唇が入るのが美しいとされています。口元が盛り上がっていると、Eラインより口が前に出てしまうので美しく感じられません。

 

口元が盛り上がっている口ゴボは、歯列矯正で歯を後ろに押すことで口元が引っ込み、Eラインが改善されます。

 

まずはクリニックでレントゲンを撮ってもらい、口ゴボの原因がどこにあるのか相談してみましょう。

\治療期間・開始時期の相談可能!/

2.口ゴボを矯正するメリット

口ゴボを矯正するメリット

口ゴボを改善すれば手に入るメリットは以下の通りです。

 

  • ・美しいEラインが手に入る
  • ・口元を気にせずに笑える
  • ・歯の手入れが行き届くようになる

 

歯並びが綺麗になると、見た目だけでなく口内環境も改善されるため、虫歯や歯周病になりにくくなります。

2-1.美しいEラインが手に入る

口ゴボを矯正すれば美しいEラインが手に入る可能性があります。口元が盛り上がっていると、横顔の印象はあまりよくありません。

 

歯列矯正で前に出ている歯を押し込み、元の位置に戻すことで口元が引っ込みます。そのため、歯列矯正により美しい横顔を手に入れられるでしょう。

2-2.口元を気にせずに笑える

口ゴボを矯正すれば口元のコンプレックスが解消するので、歯を気にせずに笑えるようになります。

 

たとえば、普段の会話で笑うときに、手で口元を隠す必要がなくなります。他にも写真撮影のときに笑顔で写れるようになるでしょう。

 

口ゴボを矯正すれば、笑顔に自信が持てるようになり、性格も前向きになっていく可能性があります。

2-3.歯の手入れが行き届くようになる

歯列矯正で歯並びを治すと、歯のメンテナンスがしやすくなります。歯と歯が重なっていたり前後に乱れていたりすると、歯ブラシが届きにくくなり、磨き残しが発生してしまいます。

 

歯列矯正で歯並びを改善すれば、今まで歯が邪魔して届きにくかった箇所に歯ブラシが届くようになるでしょう。

 

口内を清潔に保つことで、虫歯や歯周病になりにくくなり、口臭の原因となる歯垢も減ります。

 

歯列矯正は見た目だけでなく、歯の手入れもしやすくなる治療です。

\自分にぴったりのプランを見つける/

3.口ゴボを歯列矯正する際の注意点

口ゴボを歯列矯正するときの注意点は以下の通りです。

 

  • ・信頼できるクリニックを選ぶ
  • ・矯正には時間がかかると理解する
  • ・かかる費用も把握しておく

 

信頼できるクリニックを選べば、後悔のない矯正治療ができるでしょう。口ゴボを治療せずに悪い歯並びのまま放置するとさまざまなデメリットがあります。デメリットを知りたい方は以下の記事で詳しく解説しています。

 

関連記事:口ゴボは矯正治療で整えられる!悪い歯並びを放置するデメリット

3-1.信頼できるクリニックを選ぶ

歯列矯正は複数ありますが、どれも歯に力を加えて少しずつきれいな歯並びに整えていく方法です。満足いく歯並びを手に入れるには、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

 

知識や経験が豊富なのはもちろん、カウンセリングでは丁寧な説明があり、仕上がりのイメージを確認できるクリニックを選ぶと安心でしょう。

 

関連記事:失敗しない矯正歯科医院の選び方とは?一般歯科と専門医院の違い

3-2.矯正には時間がかかると理解する

歯列矯正は少しずつ歯を移動させていくため、口ゴボの矯正には時間がかかります。

 

軽度の口ゴボであれば数ヶ月の治療期間ですみますが、重度になると2〜3年かかることもあります。あらかじめ時間がかかることを理解しておきましょう。

 

関連記事:矯正の治療期間は大人だと何年かかる?最短で終わらせる3つのコツを紹介

3-3.かかる費用も把握しておく

口ゴボの矯正は100万円以上の費用がかかることも珍しくありません。矯正歯科のホームページを確認して、どのくらい費用がかかるか把握しておきましょう。

 

また、歯の治療費が医療費控除の対象になることもあります。歯列矯正を受ける方の年齢や、目的などで判断され、矯正の必要性が認められる場合は、医療費控除の対象となります。

 

治療費をローンやクレジットで支払う場合も、デンタルローン契約が成立した年の医療費控除対象です。ただし、見た目をよくするためにおこなう歯列矯正は、医療費控除の対象になりません。

関連記事:大人の歯の矯正にかかる金額相場|各治療段階の費用や支払い制度も解説

\自分にぴったりのプランを見つける/

4.口ゴボを改善する歯列矯正を紹介

口ゴボを改善する歯列矯正を紹介

口ゴボを改善できる歯列矯正には、主に以下の4つがあります。

 

  • ・マウスピース矯正
  • ・ワイヤー矯正
  • ・リンガル矯正
  • ・外科手術を含む矯正

 

歯列に原因がある口ゴボは、歯列矯正で改善できる可能性があります。症状によっては抜歯が必要になる場合もあるでしょう。

 

一方、骨格に問題があるケースは矯正治療だけで改善できないため、あごの骨の外科手術が必要になります。

4-1.マウスピース矯正

口ゴボは、透明のマウスピースを使用して治療できる可能性があります。

 

マウスピース矯正は、周りから矯正していることがわかりにくいのがメリットです。また、食事中や歯磨きをするときには取り外せるので邪魔になりません。

 

マウスピース矯正で治療できる口ゴボは、前歯の重なりが少なく、突出が軽度の出っ歯です。

 

抜歯や、歯と歯の間を少しだけ削ることで歯が並ぶスペースを作れる場合は、マウスピースで矯正できる可能性があります。一方、重度の口ゴボの場合は歯を大きく動かす必要があるため、マウスピース矯正では改善が難しいでしょう。

 

費用期間
マウスピース矯正約30万〜80万円数ヶ月〜2年程度

 

関連記事:マウスピース矯正とは?メリット・デメリットとワイヤー矯正との比較を解説

4-2.ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、ブラケットとワイヤーと呼ばれる器具を歯の表面に装着し、歯並びを矯正する治療法です。歯列矯正の主要な方法として歴史があり、幅広い症例に対応できます。マウスピース矯正では難しい重度の出っ歯や、大きく歯を動かす治療にも適応されます。

 

しかし、会話中や笑ったときに装着している器具が目立つのがデメリットです。また、マウスピース矯正のように自由に取り外せないため、食事や歯磨きの際も取り付けたままになります。

 

矯正器具が歯についていると歯磨きがしにくく、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。虫歯になると治療期間が伸びてしまうので、定期的にクリニックに通い歯を点検してもらいましょう。

 

費用期間
ワイヤー矯正約80万〜100万円数ヶ月〜2年程度

 

関連記事:表側矯正とは?裏側矯正との違いや選び方について解説

4-3.リンガル矯正

リンガル矯正とは、歯の裏側(舌側)に器具を装着して矯正する方法です。正面から見えないので、矯正していることを周りから気づかれにくいのがメリットです。

 

一般的なワイヤー矯正と同じようにワイヤーを使用して矯正するため、比較的幅広い症例に対応できます。ワイヤー矯正と同じく、自分で自由に取り外しできないことや、痛みを感じることがあります。

 

ワイヤーを装着して、しばらくの間は違和感があるかもしれません。装着感は1ヶ月程度で慣れる方が多いため、さほど心配する必要はないでしょう。

 

リンガル矯正は高い技術力が必要なため、希望する場合は対応できる歯科医院を探す必要があります。

 

費用期間
リンガル矯正約100万〜150万円数ヶ月〜2年程度

 

関連記事:裏側矯正(舌側矯正)とは?メリット・デメリットとできない症例を解説

4-4.外科手術を含む矯正

あごの骨が前に出ているような重度の口ゴボの場合、歯列矯正だけでは改善しません。全身麻酔をして、あごの骨を切る手術をするので、入院が必要です。

 

外科手術を含む矯正の流れは、最初に約半年〜1年半かけて歯列矯正し、入院・手術をします。術後は再度歯列矯正をし、噛み合わせを安定させるための保定が1〜2年必要になります。

 

費用期間
外科手術を含む矯正約150万〜300万円2年〜3年程度

 

口ゴボの治療方法については別の記事でも詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

 

関連記事:口ゴボの矯正にかかる費用はどのくらい?3つの治療法と料金相場

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

5.口ゴボは歯列矯正とセットバック整形どっちがいいの?

口ゴボは歯列矯正とセットバック整形どっちがいいの?

口ゴボを改善するには、原因によって「歯列矯正」か「セットバック整形」かを選ぶといいでしょう。噛み合わせを改善する目的であれば歯列矯正、口元の見た目をよくすることが目的であればセットバック整形が適しています。ただ、見た目を改善する目的でも、口ゴボの原因が歯列によるものであれば、歯列矯正で改善できます。

 

セットバック整形は見た目をよくすることが目的なので、治療費は完全自費診療です。見た目を重視したものなので、噛み合わせを考慮せずに治療すると機能的な問題が生じることがあります。

 

セットバック整形と歯列矯正の費用や期間の目安は以下の通りです。

 

歯列矯正セットバック整形
治療期間数ヶ月〜2年一度の手術で終了
治療費30万〜100万円70万〜150万円

 

歯列矯正の場合、機能的な問題を治すのが目的で、条件を満たした場合は保険で治療を受けられます。

5-1.歯列矯正で保険診療が適用される場合

歯列矯正は基本的に保険適用外ですが、以下の場合は保険診療の対象となることもあります。

 

1.「別に厚生労働大臣が定める疾患」に起因した咬合異常に対する矯正歯科治療

2.前歯及び小臼歯の永久歯のうち3歯以上の萌出不全に起因した咬合異常(埋伏歯開窓術を必要とするものに限る。)に対する矯正歯科治療

3.顎変形症(顎離断等の手術を必要とするものに限る)の手術前・後の矯正歯科治療

 

参考:公益社団法人 日本矯正歯科学会「矯正歯科治療が保険診療の適用になる場合とは」

 

保険適用で矯正歯科治療が受けられる医療機関は、厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして、地方厚生(支)局長に届け出た保険医療機関のみです。

 

お住まいの地域の地方厚生(支)局のホームページから「施設基準届出受理医療機関名簿」を検索してみてください。県別の歯科のPDFから「矯診」または「顎診」の指定医療機関を探すと保険適応される医療機関を探せます。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

6.歯列矯正ならウィ・スマイルがおすすめ

歯列矯正ならウィ・スマイルがおすすめ

口ゴボが気になる方の歯列矯正には、ウィ・スマイルがおすすめです。

 

ウィ・スマイルとは、マウスピース矯正を考えている患者さんと全国のクリニックを繋ぐ「ポータルサイトの名称」です。そのため「ウィ・スマイル」というマウスピースが存在するわけではなく、クリニックでカウンセリングを受け、適切なマウスピースを選んでいただきます。

 

また、ウィ・スマイル矯正には以下のような特徴があります。

 

  • ・目立ちにくい工夫
  • ・1回1,650円で試せる
  • ・幅広い症例に対応できる

 

使用するマウスピースは、光沢防止加工とアタッチメントが少ない構造になっています。マウスピース自体が目立ちにくいため、周りから気づかれずに歯列矯正ができます。

 

はじめての矯正は「装着感は?」「痛みはない?」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。ウィ・スマイルなら1回1,650円のお試しプランがあるので、使用感を試してから決めたい方におすすめです。

 

お試しして問題なければ、4回・8回・12回・18回・24回・難症例コースのいずれかにコース変更できます。矯正期間は歯科矯正医師と相談しながら決められるので安心です。

 

1回お試しプランは毎月30名限定のプランなので、気になる方は早めに申し込みましょう。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

6-1.目立ちにくい工夫

マウスピース矯正は透明なので、目立ちにくいことが特徴です。ウィ・スマイルはもともと目立ちにくいマウスピースをさらに目立ちにくくする2つの工夫をしています。

 

  • ・表面に目立ちにくい加工を施している
  • ・アタッチメントに拘らない構造

 

接客業や営業職など人と接する機会が多く、矯正中の見た目が気になる方にもおすすめです。

6-1-1.表面に目立ちにくい加工を施している

マウスピースは透明ですが、光の当たり方によっては反射して目立つ場合があります。

 

ウィ・スマイルのマウスピースは特殊な光沢防止加工によって可能な限り目立ちにくくしており、周りにバレずに治療ができます。

6-1-2.アタッチメントに拘らない構造

マウスピース矯正は、歯にアタッチメントと呼ばれる歯とほぼ同色の樹脂を接着し、その上から装着します。アタッチメントはマウスピースを固定する役割や、歯に適切な力をかけるために必要です。ただ、数が多いと突起物が増えてしまうため、目立ってしまいます。

 

ウィ・スマイル矯正はアタッチメントにあまり頼らない構造なので、突起物が少なく、目立ちにくくなっております。

6-2.幅広い症例に対応できる

マウスピース矯正は上下の前歯部しか対応していないものもあります。しかし、ウィ・スマイルは前歯部だけでなく、奥歯を含めた歯並び全体にも対応しています。軽度から重度の歯並びの乱れまで幅広く対応しているのが特徴です。

 

マウスピース矯正は、もともと軽度の歯並びの乱れを矯正するものでしたが、それでは適応できないケースが多く発生していました。そこでウィ・スマイルではマウスピースの分割線「カットライン」を2ミリ長くして、矯正力を高めています。

 

ウィ・スマイルの対応症例は以下の通りです。

 

  • ・すきっ歯
  • ・受け口
  • ・中心のずれ
  • ・ガタガタした歯並び
  • ・噛み合わせが深い
  • ・前歯が閉じない
  • ・出っ歯 

 

矯正歯科医院による診断の結果適応できないケースもありますが、予約前にLINEでの相談も可能です。自分の歯並びが治せるかなど、気になることがあれば相談してみましょう。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

7.口ゴボは歯列矯正で改善できる

口ゴボは歯列矯正で改善できる

口ゴボを治す方法は歯列矯正と美容外科がありますが、歯列矯正すれば見た目だけでなく噛み合わせもよくなります。横顔のコンプレックスも解消できるため、人と会うのが楽しくなるかもしれません。

 

マウスピース矯正は、矯正中の見た目が気になる方におすすめです。ウィ・スマイルのマウスピース矯正はとくに目立ちにくい工夫を施しているため、周りから気づかれにくいメリットがあります。

 

治療後の歯並びをシミュレーションし、歯科矯正医師と一緒にデザインできるので、矯正中のモチベーションアップにもつながるでしょう。口ゴボで悩んでいる方はマウスピース矯正で治療できる可能性があるので、ぜひLINE相談や24時間Web予約をご利用ください。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら