ブログ

ブログ

マウスピース矯正による嚙み合わせ治療のメリットや注意点は?

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

インビザライン

噛み合わせと聞くと、歯並びに関する審美的な要素をイメージされるかもしれません。しかし、正しくない噛み合わせを長期的に放置すると、身体に悪影響を及ぼすことがあります。もちろん見た目の歯並びも大切なことですが、実は噛み合わせはとても大切な要素です。

 

当記事では、噛み合わせ治療の重要性についてご紹介します。また、マウスピース矯正による治療のメリットも合わせてご説明します。

1.嚙み合わせの重要性

矯正中に虫歯になる確率が高まる3つの理由

あまり気にしない人もいますが、長期的に噛み合わせが悪いと様々なリスクを引き起こす可能性があります。しかも噛み合わせの悪影響は、歯や骨格だけでなく胃腸など身体にも影響を与えることがあるのです。

1-1.虫歯や歯周病のリスクに関わる

噛み合わせが悪い人は、同時に歯並びも悪い傾向があります。歯並びが悪いと、食事の際に食べ物が挟まりやすく、口腔内の清潔が保ちにくくなります。歯みがきが行き届かない場合、磨き残しによって虫歯にかかりやすくなるのです。

 

また、噛み合わせが悪いと片側の歯で噛むくせがあるため、一部の歯や歯ぐきに負担がかかり続けることになります。一定の歯ぐきに圧力と負担がかかり続けると、歯周病のリスクもあるため注意が必要です。

1-2.胃腸への負担に影響する

本来の食事は食べ物を細かく噛み砕きながら、消化酵素のある唾液と一緒に胃に送られていきます。

 

しかし噛み合わせが悪いと、正しく噛み砕くことができないまま丸飲みのような状態になります。食べ物を細かく噛み砕いていないままの食事は、長期的に胃や腸に負担をかけることにもなるのです。

1-3.顔の輪郭が歪んで見た目が変わる

長期的に片側の歯で噛む癖がつくと、顎関節や骨格が歪んで輪郭が変化してしまうことがあります。

 

テレビで久しぶりに見た芸能人の輪郭が、変わって見えることがあるのは噛み合わせの可能性があります。「噛み合わせくらい大したことない」と気軽に考えると、見た目にまで影響を与えてしまうのです。

2.嚙み合わせを改善することで期待できる効果

歯並びを改善する部分矯正の相場は?矯正装置別の費用と治療期間

噛み合わせというと、歯並びのように口周りについての印象を受けますが、その影響は口だけに限ったことではありません。

 

人の身体は本来、前後左右が対象であるべきで、噛み合わせについてもまったく同じことが言えます。片側の顎だけに力が加わるのは、様々な問題を生むリスクがあります。ですから噛み合わせの治療には、歯並びだけでなく身体の健康面においても様々なメリットがあるのです。

2-1.顎関節症を予防できる

噛み合わせの治療を行うと、長期的には歯並び以外にも多くのメリットがあります。

 

噛み合わせが悪く、片側の歯だけで噛み続けると顎の関節が歪んでしまいます。その結果、顎関節症を引き起こす可能性もあるのです。さらに顎関節症を放置した場合、頭痛や肩こり、慢性的な目の疲れなどの原因になるとも考えられているため注意が必要です。

2-2.体の重心が安定する

噛み合わせの歪みは、身体の歪みも引き起こす可能性があると考えられています。本来の健全な身体は、噛み合わせと同じように前後左右がバランスよく均等な状態です。歪んだ噛み合わせが正常な状態になると、身体の重心が安定するため頭痛や肩こりなどの改善が期待できます。

 

慢性的な肩こりや頭痛が改善すると気分も改善され、健康面だけでなく生活も大きく改善されます。

2-3.歯並びの見た目が改善される

噛み合わせの治療をすると、歯並びも安定して見た目や表情の改善に繋がります。

 

噛み合わせの症状によっては、出っ歯や受け口などのようにルックスや笑顔に自信が持てない人もいます。マウスピース矯正によって見た目が整うと大きく表情が変わります。自信を持って生活できる噛み合わせ治療には、健康面以外にも大きなメリットがあるのです。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

3.マウスピース矯正で嚙み合わせを改善するメリットと注意点

噛み合わせの矯正治療といえば、ワイヤー矯正とマウスピース矯正があげられます。

 

歯列矯正のなかでも、噛み合わせ治療のおすすめはマウスピース矯正です。費用面や治療期間など、多くの面でメリットがあります。ただし、人によっては向かない可能性がありますので、事前に理解しておくことが大切です。

3-1.嚙み合わせの改善にマウスピース矯正を活用するメリット

・日常生活に支障が少ない

 

マウスピース矯正は装置が目立たないため、周りの人に気づかれずに治療できます。お仕事でも学生でも、周りの目を気にすることなく精神的なストレスがありません。さらに、メイクやヘアスタイルの見た目を邪魔することなく日常を過ごせます。

 

マウスピースはワイヤー矯正のメタルブラケットのように、お口の中で当たる違和感が少ない快適な治療です。

 

・食事の際のストレスがない

 

マウスピース矯正は、装置を自分で取り外せる非常に便利な治療法です。ワイヤー矯正のように装置が邪魔をしないため、治療前とほとんど変わらないものを食べることができます。また、ワイヤー矯正のように食べ物が挟まることがないため非常に快適です。

 

 

・口の中を清潔に保ちやすい

 

装置を自分で取り外せるマウスピース矯正は、歯磨きや歯間ブラシ・フロスなども快適に行えます。

 

しっかりとブラッシングできるため、虫歯や歯周病のリスクも大きく減らすことができます。常に固定されたままのワイヤー矯正特有のストレスがありません。固定されたワイヤー矯正に比べ、常に口内の清潔を保った矯正治療を行うことができます。

 

■参考記事:前歯や奥歯の部分矯正の値段の相場とは?矯正装置別の費用と治療期間

3-2.マウスピース矯正で嚙み合わせを改善する際の注意点

便利で目立ちにくいマウスピース矯正ですが、必ずしも全ての人に適しているわけではありません。マウスピース矯正で、噛み合わせの治療をする際の注意点をご説明します。

 

・歯並びの状態によっては施術を受けられない可能性がある

 

歯並びが複雑に乱れていたり、骨格そのものに問題があるとマウスピースを選択できない場合があります。しかし、歯並びが悪くてもマウスピース矯正を希望する方は、ある程度ワイヤー矯正で整えてからマウスピースへ変更することも可能です。

 

・歯ぎしりでマウスピースが破損することがある

 

マウスピース矯正は1日のうち、およそ20時間以上の装着を推奨されています。基本的には食事と歯みがきのタイミング以外の時間は、常に装着しておくというイメージです。治療中の注意点としては、マウスピースは非常に薄い素材なので、噛んで破損させるリスクです。

 

ですから、睡眠中の食いしばりや歯ぎしりをする人には、対応できない可能性があります。歯ぎしりは自分では判断しにくいため、歯科医師による診断をおすすめします。

 

関連記事:マウスピース矯正の失敗例11選!失敗しないようにする方法も徹底解説

\自分にぴったりのプランを見つける/

4.マウスピース矯正による嚙み合わせ治療「まとめ」

まとめ:インビザラインで目立たず歯列矯正しよう

噛み合わせの治療法についての大切さはおわかりいただけたでしょうか。噛み合わせは、歯並びの乱れほど気にしない人もいます。しかし見た目の問題だけでなく、長期的には身体に影響することもあるので注意が必要です。噛み合わせのマウスピース矯正は、見た目も健康面もストレスなく改善することができます。

 

ただし、噛み合わせについては自分では気付きにくい症状でもあるため、気になる場合は歯科クリニックでの相談をおすすめします。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

関連記事

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら