ブログ

ブログ

歯並びが悪いとどんな印象を受ける?大人になってからでも歯科矯正は遅くない

丹谷聖一
丹谷聖一
この記事の監修者 

歯科医師。医療法人聖礼会理事長。ICOI国際インプラント学会認定医・指導医、日本口腔インプラント学会認定医・専門医、臨床研修指導医、インプラントフェロー認定、iACD歯科総合認定医・研究指導医。
https://www.us-shika.com/

歯並びが悪いと、清潔感や健康的な印象が失われ、自信がなくなってしまうことがあります。

 

しかしながら、大人になってからでも歯科矯正は遅くありません。大人になると、従来の矯正治療に加え、マウスピースによる矯正やインビザライン、ウィ・スマイル矯正などの多様な選択肢があり、見た目にも目立たず、快適に治療を受けることができます。

 

歯科矯正は美しく健康的な歯並びを取り戻すだけでなく、噛み合わせや口臭の改善、歯磨きのしやすさなど、健康状態全般にも良い影響を与えます。

 

歯列矯正の費用や期間も状態によって異なります。治療は、保険適用・適用外など治療方法によって異なりますが、自費診療でも分割払いなどの支払い方法があるので、費用を気にせずに治療ができます。

 

歯並びが気になって改善の検討をしている人は、これからご紹介する内容を参考にして、歯科医院で、最適な治療プランの提案を受けられるようにしましょう。

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

1.歯並びが悪いとどんな印象を受ける?

歯並びが悪いと、口元が清潔感がなく見える場合があるため、口を開けて笑うことができなくなったり、口元を隠すような話し方をしたりするため、話し方に違和感を覚えたりすることがあります。結果、コミュニケーションに支障をきたすことも考えられます。

 

一方で、歯並びが良いと、清潔感や健康的な印象を与え、自信に満ちた笑顔を見せることができるので、人とのコミュニケーションがスムーズに行えるでしょう。

 

さらに、上手な発音や咀嚼ができるため、職場や社会においても好印象を与えます。ビジネスにおいてもよい効果をもたらすでしょう。口内環境が改善されることで健康状態もプラスになります。

2.歯並びが悪いことで起こる健康上のリスク

歯並びが悪いことで起こる健康上のリスク

歯並びが悪くなってしまうと、歯磨きがしにくく、歯垢や食べかすが残り、口臭や虫歯など口腔内でのさまざまなリスクが高くなります。嚙み合わせの不調や歯並びのズレによっては口腔以外での健康に影響を与える可能性もあります。

 

ここでは、いくつかの健康上のリスクをご紹介します。

2-1.虫歯や歯周病が起こりやすい

歯並びが悪いと歯磨きが難しく、歯垢や食べかすが残りやすいため口内環境が悪くなり、虫歯や歯周病が発生しやすくなります。虫歯は、口腔内の細菌が歯のエナメル質に影響を与え穴があく病気です。歯の神経がダメージを受け痛みを引き起こします。

 

歯周病は、歯茎の炎症が進行して歯を支える骨が溶け、歯が抜け落ちる原因となる病気です。

 

歯周病は、唾液の中にある細菌が歯周ポケットに蓄積し、歯肉に炎症を起こすことから始まります。歯が抜け落ちると口腔内に影響を及ぼすだけでなく、体の不調にもつながっていくでしょう。

 

歯科医師に相談し、歯科矯正を行うことで歯並びが改善されます。定期的な歯科検診と適切な歯磨きは、虫歯や歯周病の発生リスクの低下につながります。

2-2.食べものがしっかり噛めない

食べものを十分に噛めない場合は、正しい栄養バランスが摂取できず、栄養不足に陥るリスクがあります。消化不良や胃腸の負担が大きくなるため体内の消化器官に負担をかけ、健康に悪影響を及ぼすことがあるでしょう。

 

咀嚼のしっかりとした食事は、健康に大きく関与しています。正しく咀嚼をすることで脳が刺激を受け、健康状態を保つためのエネルギーを作り出すことが可能です。

 

しかし歯並びが悪い場合、咀嚼のしっかりとした食事は困難になるため、健康上のリスクが高まり、場合によっては食べものが詰まって窒息する恐れもあります。

 

以上のように、歯並びが悪いことは咀嚼力や口内環境に悪影響を与え、栄養不足や消化不良、窒息などの健康上のリスクを引き起こす恐れがあるため、適切な対策を取ることが重要です。

2-3.口臭が発生しやすくなる

歯並びが悪い人は、歯と歯茎の間に余分な空間ができ、食べかすや歯垢がたまりやすくなり、口臭の原因となります。歯並びが悪いために歯ブラシで隅々を磨くことが難しく、歯周病のリスクも高めます。さらに口臭が発生しやすい口内環境を作り出すでしょう。

 

口臭は、心理的な負担やコミュニケーション上の問題となるだけでなく、健康上の問題を引き起こすこともあるため、重要な問題です。

 

口臭が気になる場合は、歯科医師との相談が大切です。歯石や歯垢の除去を行う、丁寧なブラッシングやうがいの指導を受ける、歯科矯正を行うことで、口臭は改善されるでしょう。

 

口臭の原因は、口腔内のものだけではなく、ストレスや運動不足、喫煙やアルコール、食生活なども影響しています。口臭が気になる場合は、生活習慣を見直して改善が必要です。

2-4.発音がしにくくなる

歯並びが悪くなると、言葉を発音しにくくなることがあります。とくに歯並びが悪い場合、舌が奥のほうで噛み合ってしまうため、正しい発音ができなくなります。歯が前後に突き出してしまっていると、発音の際に口を大きく開ける必要があるため、発音がうまくできなくなることも。

 

発音がうまくいかないと、コミュニケーションの障害になってしまうだけでなく、自己アピールにも影響を与えてしまうことがあります。さらに、誤った発音をしてしまうと、将来的な就職やビジネスにも悪影響を及ぼす恐れもあるでしょう。歯並びの悪さは、健康だけでなく将来にも影響を与える問題です。

 

言葉を正しく発音するには、口の周りの筋肉が効果的に働くことが重要です。歯並びが悪い場合は、効果的に口の周りの筋肉を使うことができません。口の周りや顔のたるみの原因にもなるので、正しい発音を習得するためにも、早めに歯科医師との相談が大切です。

2-5.肩こりや頭痛が起こりやすくなる

歯並びの悪さには、肩こりや頭痛にも関係しています。歯や顎の関係が崩れることにより、口腔内の筋肉が過剰に緊張してしまい、肩こりや頭痛の原因となってしまうことが挙げられます。

 

たとえば、歯並びが悪い場合、噛み合わせがうまく合わず、無意識に嚙み合わせを合わせるために首や肩に力が入ってしまいます。このような無理な嚙み合わせのまま長時間同じ姿勢で過ごすことは、肩こりや頭痛の原因となるでしょう。

 

歯並びが悪い場合は、噛む力が偏ってしまうため、咀嚼筋や顎関節の負担が大きくなり、筋肉や関節に疲れがたまって痛みを感じることもあります。

 

以上のように、肩こりや頭痛などの身体的な不快感だけでなく、健康上のリスクをもたらすため、歯並びの問題がある場合は、歯科医師との相談をおすすめします。

3.大人が歯並びを治す方法

大人が歯並びを治す方法

大人になってから歯並びが悪くなり、口臭や歯周病などの健康上の問題も気になって、歯科矯正を検討されている人にとって、どのような矯正方法があるのかが、気になるところではないでしょうか。

 

大人になってから始める矯正方法には、金属のブラケットを取り付けるワイヤー矯正と、専用の透明なマウスピースを使う矯正がありますので、それぞれをご紹介します。

3-1.ワイヤー矯正

歯並びを改善する代表的な方法として、ワイヤー矯正があります。ワイヤー矯正は歯科医師が金属のブラケットを歯に取り付け、専用のワイヤーによって歯を動かす方法です。

 

歯並びを正すためには数ヶ月~数年かけて治療を行う必要があります。ワイヤー矯正は、症状によって異なりますが、比較的短期間で歯並びを改善できます。しっかりと装置が固定されるため、着脱する必要がなく日常生活にも支障をきたしません。

 

カウンセリングを受け、自分に適した矯正装置を選べるので、自分に合った最適な治療計画を作成できます。

 

最新の矯正装置は、ブラケットが目立たず、清潔感が損なわれないため、より多くの人がワイヤー矯正を行っています。ワイヤー矯正を検討する際は、歯科医師に相談してみましょう。

3-2.マウスピース矯正

マウスピース矯正は、歯列矯正の一種で、矯正用のマウスピースを歯に装着して、歯を動かす方法です。矯正用マウスピースは、歯科医師が歯の型を取り制作するため、ぴったりと歯にあわせることができます。食事やブラッシングの際に外すことが可能です。

 

ワイヤー矯正よりも日常生活に支障をきたさず、スポーツ時のケガの予防にも役立つことがあります。外見に配慮した透明なマウスピースを使っているので、装着していても目立たず、審美的な要因に影響を与えることは少ないでしょう。

 

症状によっては従来のワイヤー矯正に比べ、矯正の効果が少し弱くなる恐れもあります。しかし矯正後のメンテナンスがしやすく、矯正前の生活にすぐに戻れるので、制作期間が短く、外見にも配慮されたマウスピース矯正は注目されています。

4.歯列矯正はやめたほうがいい・やらなきゃよかったと感じる人がいる

歯科矯正にはメリットがある一方で、歯並びを正すための矯正装置を装着するデメリットも存在します。歯科矯正装置を装着するストレスや痛みを感じて、「やらなきゃよかった」と後悔する人も。

 

ここでは歯科矯正をやめたほうがいい原因をいくつか解説します。

4-1.痛みや異物感が出る

歯列矯正を行う際、痛みや異物感をおぼえることがあります。

 

矯正装置を装着すると、歯の動きに伴って圧迫感や痛みが生じたり、装置に慣れるまで違和感をおぼえたりすることもあります。

 

矯正装置が歯に噛み合う部分に当たる場合は、歯の動きや嚙み合わせの不安定さにストレスを感じてしまうこともあるでしょう。そのため、歯列矯正を行うことをやめたほうがいい・やらなきゃよかったと感じる人もいます。

 

しかし、歯並びの悪さが原因で、嚙み合わせの異常や口臭、歯周病や虫歯などの口内疾患、審美性の問題の放置によって、自己肯定感が低下してしまうこともあります。

 

歯列矯正を断念してしまう前に、矯正装置を調整して痛みや違和感を軽減する方法があるので、歯科医師との相談をおすすめします。

4-2.歯磨きがしにくくなる

歯列矯正中は、矯正装置が歯に装着されているため、歯磨きがしにくくなることがあります。矯正装置は、歯と歯の間や装置と歯肉の間にもすき間が生じ、食べかすや歯垢が残りやすくなって、残りやすい部位には、虫歯や歯周病の原因菌が増殖する場合があります。

 

したがって、矯正装置を装着したままでも、歯磨きを怠らないことが大切になります。

歯列矯正に慣れるまでに矯正装置が邪魔をして、いつもの歯磨きがしにくく感じることで、歯並びを矯正する意欲が減退し、やめてしまいたくなってしまうこともあります。

 

歯列矯正によって歯磨きがしにくいと感じた場合は、歯科医師に相談し、矯正装置の調整や歯磨きのアドバイスを受け、歯ブラシの使い方など正しく理解していくことが大切です。

4-3.話しにくさを感じる場合がある

正しい嚙み合わせを実現させるための矯正装置ですが、口の中にあると話しにくさを感じることがあります。食事中や話す場面で、言葉がはっきりと発せられていないことがあるため、周囲からの理解が得られなくなる恐れがあります。

 

また、歯列矯正の場合、装置の口蓋面に一部の人が言葉の発音に必要な「調音部位」が当たると、言葉をうまく発音できないことがあります。話しにくさが語学力不足などの印象を与えることもあるため、コミュニケーションがうまくできなくなるケースも。

 

歯列矯正には話しにくさを感じるデメリットが存在し、矯正治療をやらなきゃよかったと感じる人もいます。しかし自分に合った治療計画や口腔内の改善する方法もあるため、歯科医師との相談がおすすめです。

5.自分に歯科矯正が必要か判断するポイント

自分に歯科矯正が必要かどうか判断するポイントはいくつかありますので、それぞれ解説していきます。

5-1.虫歯や歯周病は起こりやすいか

虫歯や歯周病は、歯科矯正を行わない場合に起こりやすい症状です。歯列の乱れによって、普段から磨き残した歯と歯の間に歯垢や食べかすがたまり、歯石となって虫歯や歯周病が発生しやすくなっています。、磨き残しを防ぐために歯科矯正が必要です。

 

また、歯並びが悪いと口腔内の構造に問題が生じることがあります。歯や歯肉が不衛生な状態になると、虫歯や歯周病を引き起こす可能性以外にも、口臭や咀嚼機能の低下、さらなる歯列の悪化などのさまざまなトラブルが起こるでしょう。

 

よって、自分に歯科矯正が必要かどうかを判断する際には、普段の歯磨き後の状態や歯列の乱れ、歯並びの不具合状態による虫歯や歯周病を意識して、十分な検討が必要です。

5-2.嚙み合わせに問題はないか

歯科矯正を必要とする人の中には、嚙み合わせの問題を抱えている人がいます。嚙み合わせとは、上下の歯が接触する際の調和のとれた状態を指します。歯並びが悪いと、嚙み合わせが合わなくなり、歯や唇、頬の内部を傷つけることがあるでしょう。

 

また、噛み合いの不調和は、歯を食いしばることにより、歯並びが崩れやすくする要因にもなるため、嚙み合わせに異常を感じた場合、歯科矯正が必要です。歯科矯正によって、嚙み合わせの調和が取れ、嚙み合わせによる負担やストレスが軽減されることが期待できます。

 

嚙み合わせに問題がある人は、前歯の嚙み合わせ不足や不一致、歯ぎしりや頭痛の習慣もみられます。必要に応じて歯科医師に相談した上で、歯科矯正治療を受けることが望ましいでしょう。

5-3.自身のコンプレックスになっているか

自分のコンプレックスになっている歯並びで、悩んでいる人は少なくありません。歯並びが悪いことによって、自分自身の外見が気になり、自信を失ってしまうことがあります。

 

また、歯並びが悪いだけでなく、嚙み合わせに問題がある場合は、健康上の問題も生じることもあるでしょう。

 

嚙み合わせの不調和によって、歯や口内の粘膜が傷ついてしまったり、頭痛や口臭などの症状が生じたりすることもあります。歯科矯正治療は、外見上の美しさだけでなく、嚙み合わせの不調和や口内の健康を保つことができます。

 

自分自身のコンプレックスになっている歯並びに悩んでいる場合は、歯科矯正治療を受けることで、健康的で美しい歯並びを実現できるでしょう。まずは歯科医師に相談してみることが大切です。

6.大人の歯列矯正は何歳まで可能?

歯並びが悪いまま放置していると、口臭や歯周病、虫歯などの口内環境が悪化するだけでなく、嚙み合わせの不調和による頭痛や肩こりなどの症状を引き起こします。多くの人が歯列矯正を躊躇する理由の一つが、大人になってからの治療はできるのかという不安です。

 

大人でも歯列矯正治療は可能であり、基本的に年齢制限もありません歯列矯正治療は、歯並びの状態や嚙み合わせの問題によっては長期間にわたる治療が必要になることがあります。しかし、年齢によって治療効果に大きな影響はありません。

 

大人になってから歯並び悪くて悩んでいる人は、一度歯科医師に相談してみましょう。歯科医師が患者さんの歯並びや嚙み合わせの状態を詳しく診察し、適切な治療方法を提案してくれます。

7.歯列矯正はウィ・スマイル矯正がおすすめ

歯列矯正治療は、歯並びや嚙み合わせの問題を改善するために行われる重要な治療法の一つです。心身に多大な影響を与える歯並びの問題は、放置しておくと症状やトラブルが悪化してしまうことがあります。

 

大人になってからの歯列矯正治療は、施術時間や費用などの課題もあるため、適切な治療方法を選ぶことが求められます。

 

なかでもおすすめしたいのが、ウィ・スマイル矯正です。

 

ウィ・スマイル矯正とは、マウスピース矯正を考えている患者さんと全国のクリニックをおつなぎする「ポータルサイトの名称」です。そのため、「ウィ・スマイル」というマウスピース装置が存在するわけではなく、カウンセリングの上で、その医院が提供している適切なマウスピース矯正をお選びいただくことになります。

 

プラスチックのフルマウスガード型のマウスピースを使った歯列矯正治療です。独自のCAD/CAM技術により、高精度に歯並びを修正し、歯に負担をかけず、通院回数も少なく、痛みも少ないため、多くの人から支持されています。

 

また、透明なマウスピースを装着することで目立たず、マウスピースを外すことができるため、普段の生活での負担も少なく、食事制限もありません。大人になってから歯並びの改善を考えている人には、ウィ・スマイル矯正はおすすめです。

 

一度歯科医師に相談し、ウィ・スマイル矯正が自分に合った治療方法であるのかどうか、詳しく聞いてみましょう。ウィ・スマイル矯正によって美しく健康的な笑顔を取り戻すことが

\先着30名様限定お試しプラン1,650円/

関連記事

  • LINE相談
  • 24時間WEB予約
  • クリニックを選ぶ

最新記事

いつも笑顔で輝いていられるから あのキラキラした人もウィスマイル矯正
   

まずはご相談を。

LINEにて「ご質問・ご相談」を受けています。
新店舗の予約待ちもできます。

LINE登録

24時間WEB予約

お近くの医院を選べます。

24時間WEB予約

「予約ができない医院」で予約を希望の方は、
「LINE相談」にて、LINE登録ください。

PAGETOP
MENU
LINE相談
24時間WEB予約
歯科医院様はこちら